マカロン490個のオブジェ 「子宮の日」に子宮頸がん予防を啓発

女子大生がマカロン490個を使い制作した巨大オブジェ [拡大する]

女子大生がマカロン490個を使い制作した巨大オブジェ

 「子宮(49)の日」であるきょう9日、女子大学生が490個のマカロンを使った大型オブジェを制作し、東京・銀座の洋菓子店「ブールミッシュ銀座本店」で披露した。同企画は子宮頸がん予防啓発の一環で行われたもの。女子大生たちはブールミッシュの中西昭生シェフの手を借り、9色のマカロンで鮮やかな「49」の文字を浮かび上がらせた。

 20〜30代女性がかかるがんの中で最も発症率が高い子宮頸がんは、性交渉で感染するヒトパピローマアウイルス(HPV)が主な原因。検診とワクチンでおおよそ予防できる唯一のがんとされているが、公費助成は中学生と高校生の一部に限られており、大学生は対象外となっていることが多い。

 そんな中、大学生による大学生向け情報サイト「メンター・ダイヤモンド」(運営ダイヤモンド社)で取材やイベントを手掛けるお茶の水女子大学 生活科学部 3年の前橋祐希さんと慶應義塾大学 法学部2年の覚張由華子さんらが4月に入学する新入生や在校生に「正しい知識を知っていればがんを防げる」ことを知ってもらえる機会につながればと企画した。

 制作されたオブジェは縦100cm、横125cm。イベント終了後、前橋さんは「今後4月9日の子宮の日には、女子大生同士がお菓子を配り合う日に育っていけば」と想いを語り、覚張さんは「夏に向けもっと大勢の女子大学生を巻き込んだイベントを実施したい。企業やNPO法人などにも協力を呼び掛けたい」とコメント。オブジェ作成後は子宮頸がんに関するメッセージが入ったピンクのマカロン490個をお茶の水女子大学や早稲田大学など都内5大学の構内で配った。

タグ

CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。