いざという時の備え! 働く女性が入っている生命保険は?

 病気、事故、老後の備え…任意の生命保険に入る理由は人それぞれだが、みんなどんなものに入っているのだろう? コクヨグループ・カウネット社のWebサイト『わたしみがき』が行った調査によると、アンケートに答えた20〜40代の働く女性357人のうち、「加入していない」と答えた人は12.3%にとどまり、約9割が保険に加入。先行き不透明なご時世だけに、“万が一”に備えている人は多かった。

 生命保険には色々な種類があるが、同調査(複数回答)でもっとも加入している人が多かったのは突然の入院や事故、病気に備える「医療保険」(44.3%)。また、将来の事も考えた「終身保険」(38.7%)、「定期付き終身保険」(9.5%)、「個人年金保険」(24.1%)などもあげられた。

 また、同調査では老後の資金について65.5%が「とても不安」と回答。「少し不安」の31.4%と合わせると9割を超える人が老後の生活に不安を抱いていた。生命保険加入は現在の不安と未来の不安を和らげるための一手段なのかもしれない。

 同調査は3月19〜29日、インターネットを使って実施。『わたしみがき』『カウネットモニカ』会員の有職女性357人の回答をもとに集計している。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。