子どもの花粉症発症、父親より母親の影響大

ロート製薬が発表した「子どもの花粉症」アンケート調査より [拡大する]

ロート製薬が発表した「子どもの花粉症」アンケート調査より

 父親より母親の影響を強く受け、花粉症を発症する子どもが多いことが、ロート製薬が31日に発表した調査で明らかになった。0歳〜16歳までの子どもをもつ父母を対象に実施した同調査によると、「父親のみが花粉症」の場合、発症した子どもは23.4%。一方、「母親のみが花粉症」では32.8%が発症しており、約10%もの差があることがわかった。

 同調査では、子どもの発症年齢についても調査を実施。その結果、10歳以下で発症する子どもは全体の69.3%と約7割を占め、最も多かったのは「5歳」で10.7%。次いで「3歳」(10.4%)、「6歳」(8.9%)が続き、低年齢での発症の多さが確認された。

 子どもに対し行っている花粉対策では、「病院へ行く」という回答が32.4%で1位。2位は「マスクなどで花粉を避ける」(25.9%)、3位は「市販の点眼薬をさす」(10.5%)だった。ところが、「マスクをして外出(特に通学)を嫌がるので困る」(42歳・男性)、「薬で眠くなりやすく、遅い時間の習い事がキツいようで休みがちになる」(36歳・女性)などの声も挙がっており、悩みを抱える親の姿が目立った。

【調査概要】
調査時期:2012年12月19日〜25日
調査対象:0歳〜16歳までの子どもをもつ父母
サンプル数:2587名
対象エリア:全国
調査方法:インターネット調査
データ出展:ロート製薬株式会社


Oricon CS Ranking

保険関連ランキング

マネー関連ランキング

通信関連ランキング

生活関連ランキング

ショッピング関連ランキング

トラベル関連ランキング

住宅関連ランキング

受験関連ランキング

転職関連ランキング

美容関連ランキング

法人向けサービス関連ランキング

CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。