鹿児島のイチロー69歳、バッティングセンターでHR1900本

鹿児島の“イチロー”こと、満山一朗さん(右打ち)  [拡大する]

鹿児島の“イチロー”こと、満山一朗さん(右打ち) 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 3月に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパン優勝もあって、かつての人気を取り戻しつつある野球。30日からはイケメン俳優が甲子園を目指す球児を演じたTBS系ドラマ『ROOKIES』の映画版『ROOKIES−卒業―』が公開。野球人気に拍車がかかり、今年は“野球”にとっての当たり年となりそうだが、そんな中、鹿児島県鹿児島市でも“当たり”続けているバッターがいることが、わかった。

 同市在住の満山一朗さん(69歳)は、テレビからもよく取材の依頼がくるという地元のちょっとした有名人。若い人に声をかけられることも多いという。満山さんは、バッティングセンターにある「ホームラン」と書かれた直径50cm程度の小さな的に当てる名人で、全国のバッティングセンターで通算1900本を超える“ホームラン”を打っているという。

 満山さんがバッティングセンターに通い始めたのは、2000年の秋。糖尿病を患ってしまい、自分の子供から運動不足を解消させるためにバッティングセンターに通うことを薦められた。始めはなかなか当たらなかったが、健康のためにと続けていくうちにだんだん面白くなり、140キロの剛速球を偶然「ホームラン」の的に当てて以来、“ホームラン”を目指すようになっていったという。当初は週に1度程度だったが、現在では、週に3度は打ちに行くようになった。

 地元の、いわば「ホームグラウンド」のバッティングセンターでは、ついに8年連続でホームラン王に輝くほどになった満山さん。“ホームラン”を打つコツはヘッドが重いバットを選ぶこと。軽いバットだと狙いを定めにくく、満山さんは市販のバットを加工したものを使っており、まさにプロ顔負けのこだわりをみせる。

 仕事の関係上遠方に出向くことも多い満山さんは、南は地元鹿児島から北は青森まで。各所のバッティングセンターで“ホームラン”の実績を残しているという。現在までに通算およそ1920本の記録を打ち出している。当面の目標は、8年連続200本安打を果たした本家イチローに負けないように、地元バッティングセンターでの9年連続ホームラン王だと満山一朗さんは語る。(情報提供:フルタイム)

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について