忘れられない“黒澤映画”1位『七人の侍』

三船敏郎主演のDVD『七人の侍〈普及版〉』(2007年11月09日発売/東宝ビデオ)  [拡大する]

三船敏郎主演のDVD『七人の侍〈普及版〉』(2007年11月09日発売/東宝ビデオ) 

■忘れられない“黒澤映画”TOP10

 9月6日は、2010年に生誕100周年を迎える故・黒澤明さんの命日。映画監督として“世界のクロサワ”と称される氏の作品は、ハリウッドをはじめ、ヨーロッパなど世界中でリスペクトされ、影響を受けたことを公言する映画監督は、スティーヴン・スピルバーグをはじめ、数多く知られている。そんな黒澤作品の中でもっとも印象的な作品は? というアンケートを行ったところ、『七人の侍』が1位という結果となった。

 今回のアンケートは、10代から40代までの男女1000人を対象に実施。『七人の侍』は、「50年も前の作品だとは思えなかった」(東京都/20代/男性)、「現代にない時代の侍の心を感じる」(大阪府/40代/女性)など、男女、世代を問わず、多くの方からの票を集めて1位に。1954年の日本の映画とは思えないほどエンターテインメント性あふれる作品で、1960年に舞台をアメリカに移した西部劇『荒野の七人』が生まれたことでも知られる。

 2位には1980年の作品『影武者』がランクイン。1980年となると40代の方々が子供の頃に映画館で見ている可能性も高く、「子供のころに父母と見に行った。映画の内容は正直あまりよく覚えていないのだが、映画館の雰囲気やスクリーンに映された画像の印象が残っている」(愛知県/40代/女性)と、ストーリーだけではなく、銀幕から伝わる“黒澤マジック”のインパクトが印象深かったという声も。40代からのコメント数の多さも目立っていた。

 総合ではベスト10圏外だったものの、1993年作品『まあだだよ』は、後期作品ということもあって世代別10代のランキングでは4位に。所ジョージが出演したことも印象深かったようだ。なお、10代からの印象的な意見では、総合で3位に入った『羅生門』について「原作の羅生門も読んでいたのですが、雰囲気、カメラワークまでよく作りこまれていてすごくよかったです」(茨城県/10代/女性)と言う声も届いた。

【調査概要】
調査期間:2009年8月18日(火)〜8月21日(金)
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員1,000サンプル(10代、20代、30代、40代の男女各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について