ピンク映画館老舗・上野オークラ劇場が59年節目にリニューアルへ

7月末で59年の歴史に幕を下ろすピンク映画専門館・上野オークラ劇場  [拡大する]

7月末で59年の歴史に幕を下ろすピンク映画専門館・上野オークラ劇場 

■その他の写真ニュースはこちら

 東京・上野駅不忍口、アメヤ横丁近くにあるピンク映画専門館『上野オークラ劇場』が、開館から59年が経ち老朽化のため閉館・解体され、現在地から少し離れた別敷地に今年8月上旬、新館をオープンさせることがわかった。ミニシアターや名画座など一般映画館も閉館を余儀なくされている昨今、ピンク映画専門館の建て替えは前例のない試み。新館は、往年のファンの高齢化を考慮したバリアフリー対応、シネコンに劣らぬ快適な映画鑑賞の空間を作り上げ、女性客や新しい世代のファン獲得を目指す。

 同館は、1951年、東映の封切館としてオープンし、その後ピンク映画専門館としてファンに親しまれてきた老舗。日本製ピンク映画の第1号作品とされる『肉体の市場』(小林悟監督、1962年)を配給、大ヒットさせてピンク映画というジャンルを確立した大蔵映画のメイン館として営業している。

 昭和の味を色濃く残し、各種の撮影などにも使用された現在の建物のフィナーレを飾るのは、ピンク映画の巨匠小川欽也監督の作品を特集上映(7月31日)。『怪談バラバラ幽霊』(1968年)、『新怪談色欲外道 お岩の怨霊四谷怪談』(1976年)などを上映するほか、小川監督によるトークショーを開き、女優・しのざきさとみ(三沢亜也)、佐倉萌、倖田梨李なども来場して、最後の夜を名残惜しむ。

 翌8月1日には正式オープン前の新館で、女性限定ピンク映画の鑑賞会を開催。2009年ピンク映画大賞を受賞した若手監督・加藤義一の話題作『多感な制服むっちり潤い尻』や、ベテランの池島ゆたか監督『未亡人銭湯おっぱいの時間ですよ!』等を上映。稲見亜矢、佐々木麻由子、しじみ(持田茜)、晶エリー、竹下なな、日高ゆりあ等の若手女優による舞台あいさつやサイン会を実施予定。ピンク映画館への偏見を払拭し、業界の盛り上げ役を担っていく。

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について