マクドナルド、クルー約16万人で“家庭でも節電” エリア対抗戦も実施

日本マクドナルドが“クルー”約16万人を対象とした節電キャンペーンの実施を発表  [拡大する]

日本マクドナルドが“クルー”約16万人を対象とした節電キャンペーンの実施を発表 

 日本マクドナルドは28日、今夏の電力不足対策の一環として、全国のマクドナルドで働く“クルー”約16万人を対象にした節電キャンペーンを実施すると発表した。クルーの家庭内での節電意識を高めて節電に貢献することが目的で、全店舗を313のエリアに分けて“エリア対抗戦”を実施し、楽しく節電に取り組めるようにする。

 「各家庭での15%削減は小さくとも、全国のマクドナルドクルーが取り組むことで大きな貢献ができる」という意味が込められた同企画『16万人のクルーの力を一つに! ワンチーム節電プロジェクト』は7月1日から9月30日に実施。クルー専用のWebサイトやモバイルサイトを用意し、節電活動の啓蒙や経済産業省が推奨する節電対策メニューを実行し「節電アクションチェックシート」で家庭内での成果を確認できるようにする。

 また、節電意識が持続するようエリア対抗戦では上位50エリアには景品を用意。15%の節電に成功したクルーにもドリンクMサイズを無料提供するなどの“ご褒美”が進呈される。高校生から主婦まで幅広い世代のクルーが在籍する同社だが、若い世代には節電意識を高めるきっかけに、主婦にとっては効率的な節電方法を学び成果を記録する場になりそうだ。

 同社は店舗照明のLED化や店舗内外の一部消灯、空調設備の調節、ユニフォームのクールビズ化などの節電対策を発表しているほか、本社も一斉休暇や残業ゼロ運動などで25%以上の節電対策を発表しているほか、消費者に向けても炭酸ドリンクをS・M・Lの全サイズを100円で提供するキャンペーンを実施している(8月中旬まで)。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について