基礎知識

TSマーク付帯保険とは

TSマーク付帯保険とは

道路交通法改正や自転車と歩行者の事故における高額な損害賠償など、自転車に関する話題が出るたびに注目を集める自転車保険。民間の保険会社がさまざまな補償内容の商品を提供するようになり、選択肢もずいぶん広がってきました。しかし民間の保険会社が提供する自転車保険に加入するためには、手続きが必要です。このような手続きがわずらわしいという人もいるでしょう。そこで今回は、自転車の点検整備を行うだけで自動加入できるTSマーク付帯保険についてご紹介しましょう。

いざというときに便利な示談交渉代行サービス

いざというときに便利な示談交渉代行サービス

自転車事故を起こしてしまうと、被害者に対して賠償する責任が発生し、被害者との間で賠償金の金額などについて交渉しなければなりません。しかし示談交渉は加害者にとって手間であり負担でもあります。そこで、万が一自転車事故の加害者になってしまった場合に、加害者にかわって被害者と示談交渉をしてくれるサービスをつけた自転車保険が注目されています。そこで今回は、示談交渉代行サービスについてご紹介しましょう。

自転車保険を選ぶときにチェックしておきたいポイント

自転車保険を選ぶときにチェックしておきたいポイント

自転車利用者の増加とともに、自転車事故での高額賠償のニュースなど自転車を利用するうえでのリスクについて耳にすることが多くなってきました。そうしたリスクに備えるために注目を集めてきている自転車保険ですが、補償内容やサービスがややこしくてよく分からなという人も多いのではないでしょうか。今回は、様々な自転車保険を比較検討して自分や家族にあった保険を選びたいという人のために、自転車保険選びの時に注目すべきポイントについてご説明しましょう。

自転車事故での後遺症認定

自転車事故での後遺症認定

交通事故が原因で、適切な治療を行ってもなお残ってしまった症状を後遺症といいます。通常このような後遺症の症状の立証・説明責任は被害者が負っています。つまり、どんなに重度の後遺障害だとしても、立証・説明出来なければ、交通事故の後遺障害として認定されることはできません。後遺症認定は賠償金の算出にも大きな影響を与えるので非常に重要です。そこで今回は自転車事故で被害に遭ってしまった場合の後遺症認定についてご説明します。

被害弁償について

被害弁償について

自動車やバイクの自賠責保険のような強制加入の保険が存在しない自転車。任意の自転車保険や個人賠償責任特約を付帯した保険に加入していなければ無保険の状態です。このような無保険の状態の自転車との事故に遭ってしまうと、最悪のケースでは損害賠償が1円も支払われず泣き寝入しなければならないこともあります。そこで今回は、このような被害弁償を受け取りにくいケースについてご説明しましょう。

押さえておきたい「個人賠償責任特約」と「自転車傷害特約」

押さえておきたい「個人賠償責任特約」と「自転車傷害特約」

年齢を問わず、誰もが気軽に乗れる自転車は、通勤や通学など日常生活での利用頻度が高く身近な乗り物です。非常に身近であるからこそ、誰もが自転車事故の被害者や加害者になってしまう可能性があります。たかが自転車事故と思いがちですが、後遺障害が残ったり、最悪の場合には死亡に至ったりするケースもあります。そこで、今回は万が一の自転車事故に備えて考えておきたい「個人賠償責任特約」と「自転車傷害特約」についてご紹介しましょう。

趣味としての自転車の利用にも自転車保険を

趣味としての自転車の利用にも自転車保険を

近年、ロードバイクやクロスバイクと言った本格的な自転車が普及してきました。単なる移動手段という枠を超えて趣味として、あるいはスポーツとして自転車を楽しむ人が増えてきています。そこで今回は、趣味やスポーツとして自転車を利用する人にもぜひ検討していただきたい自転車保険についてご説明します。

自転車通勤には法人で加入する自転車保険

自転車通勤には法人で加入する自転車保険

近年の健康志向の高まりをうけて、自転車で颯爽とオフィス街を駆け抜けていくサラリーマンをよく見かけるようになりました。自治体や企業が自転車通勤を推奨するケースもあり、通勤に自転車を利用する人が増加しています。しかし、通勤中に従業員が自転車事故の当事者となってしまったら企業はどのように対応したらよいのでしょうか。そこで、今回は自転車通勤者がいる企業におすすすめの自転車保険についてご説明します。

家族向けの自転車保険のメリット・デメリット

家族向けの自転車保険のメリット・デメリット

近年、自転車人口は増加してきており、通勤や通学、ちょっとしたお買いものなど、日常生活での利用頻度が高まってきています。そのため家族全員が自転車を利用しているという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、自転車利用者とともに注目をあつめている自転車保険の中でも、夫婦向けプランや家族向けプランといった複数人が被保険者となっているプランについてご紹介しましょう。

三人乗り自転車のための自転車保険

三人乗り自転車のための自転車保険

小さいお子様をお連れの場合、二人乗りや三人乗りの電動アシスト自転車を利用する人も多いでしょう。二人乗り・三人乗り自転車はとても便利である反面、バランスを崩しやすいだけでなく、幼児を乗せることでハンドルを取られやすく自転車事故につながる危険性が高いと言えます。そこで今回は、二人乗り・三人乗り電動アシスト自転車を利用する小さな子供を持つお母さん・お父さんのための自転車保険についてご紹介しましょう。

大人だけでなく子供だからこそ検討したい自転車保険

大人だけでなく子供だからこそ検討したい自転車保険

中学校や高校への自転車通学だけでなく、小学生でも自転車でも遊びに行くときに自転車を利用するこどもは少なくないでしょう。新しくこども自転車を買ったら、自転車通学を始めたら、そんなタイミングで万が一のこどもの自転車事故のために、自転車保険への加入を検討する人が増えています。そこで今回は、子供向けの自転車保険を選ぶときのポイントをご説明します。

知っておきたい自転車保険とバイク保険の違い

知っておきたい自転車保険とバイク保険の違い

近年、エコや健康志向で通勤や通学に自転車を利用する人が増えてきました。それに伴い、自転車保険への注目度が高まってきています。そこで、「自転車もバイクもどちらも使うけれど保険はどうしたらいいの?」という疑問にお答えするために、今回は自転車保険とバイク保険の補償内容について混同してしまわないよう、違いを見ていきましょう。

軽めの費用負担で安心の補償が得られる自転車保険

軽めの費用負担で安心の補償が得られる自転車保険

近年の対人自転車事故の増加に伴い、加害者側に高額な賠償責任が命じられる事例が増えてきています。このような高額な賠償責任のリスクや、自分のケガに対するリスクに備えるために自転車保険の需要が高まっています。そこで、今回はいくつかのおすすめの自転車保険を比較しながら、補償内容と保険料の目安についてご紹介いたします。

コンビニやインターネットでも簡単に加入が可能な自転車保険

コンビニやインターネットでも簡単に加入が可能な自転車保険

近年、性別や年齢を問わず自転車人口が増加しています。しかしその一方で、高額な賠償にもつながってしまう自転車事故の増加が社会問題化してきました。そうしたなかで、万が一の自転車事故に備えるため、自転車保険加入の義務化を検討する自治体もでてきています。そこで、今回は自転車保険に関心をもった方々のために、その加入方法についてご説明しましょう。

万が一の自転車事故への備え、「自転車保険」の活用

万が一の自転車事故への備え、「自転車保険」の活用

自転車は、自動車のような免許制度がないため誰もが気軽に楽しめる乗り物です。街中でもスマートフォンを見ながら、音楽をききながらの、いわゆる「ながら運転」をしている人をよく見かけます。しかしそのために自転車事故への危機意識も薄くなりがちです。 そこで今回は、万が一自分や家族が自転車事故でケガをしてしまったときに役立つ交通事故傷害保険について、ご紹介しましょう。

自転車保険には欠かせない「個人賠償責任保険」

自転車保険には欠かせない「個人賠償責任保険」

スマートフォンを利用しながらの運転など自転車を運転する人のマナーの悪化、高速走行する自転車の増加などを背景に、近年自転車による重大な交通事故が増加しています。 そこで今回は、万が一自分や家族が自転車事故の加害者になった場合に役立つ個人賠償責任保険についてご紹介しましょう。

▲基礎知識 TOP

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。