TSマーク付帯保険とは

  • TSマーク付帯保険とは

 道路交通法改正や自転車と歩行者の事故における高額な損害賠償など、自転車に関する話題が出るたびに注目を集める自転車保険。民間の保険会社がさまざまな補償内容の商品を提供するようになり、選択肢もずいぶん広がってきました。しかし民間の保険会社が提供する自転車保険に加入するためには、手続きが必要です。このような手続きがわずらわしいという人もいるでしょう。そこで今回は、自転車の点検整備を行うだけで自動加入できるTSマーク付帯保険についてご紹介しましょう。
 「TS」とは、「Traffic(交通)」「Safety(安全)」の頭文字。「TSマーク」とは公益財団法人日本交通管理技術協会に認められた自転車安全整備士が道路交通法令等に則って自転車を点検し、安全であると認めた場合に貼られるシールで、いわゆる「安全な自転車」の証になるものです。

 TSマーク付帯保険とは、TSマークで整備・点検を受けた自転車には、傷害保険と賠償責任保険が付帯される仕組みになっています。TSマーク付帯保険は、自転車の整備・点検を行うだけで自動的に補償がついてくる自動加入となっているため、わざわざ自転車保険に加入するのがわずらわしいという人に人気があり、利用者が急速に増加しています。店で自転車の点検整備を受けるとシールが貼られ、「TSマーク付帯保険加入書」を受け取ることができます。

 TSマークには赤色と青色があり、補償内容が異なります。青色より赤色のほうが、補償額が高額となっています。点検・整備を受けるのにかかる料金は、店によっても異なりますが一般的には、青色が1,000円〜1,500円程度、赤色が2,000円程度と割安です。

TSマーク付帯保険は自転車にかける保険

 一般的な自転車保険は契約者本人または契約時に定めた対象者(家族など)を補償するものですが、TSマーク付帯保険は、点検整備された自転車そのものを補償の対象としたユニークな保険です。しがかって、点検した自転車の持ち主であっても、別の点検していない自転車を運転中に事故を起こしてしまった場合には補償の対象となりませんから、注意が必要です。

補償期間の延長には再度点検が必要

 補償期間は点検を行った日から1年間で、補償期間の延長には再度点検が必要です。したがって点検にかかる費用が、実質的には年額の保険料のようなものだととらえればよいでしょう。ですから、一般的な自転車保険に比べるとかなり低い負担で補償が受けられることになります。

TSマーク付帯保険の補償内容

 TSマーク付帯保険は、個人賠償責任補償額が青色では最高1,000万円、赤色の場合では2,000万円となっています。また傷害保険については、死亡または1級〜4級の重度後遺障害時の場合、青色では30万円、赤色では100万円などとなっています。
 注意したいのは、1〜4級の重度後遺障害の場合は補償の対象となりますが、比較的軽い後遺障害については補償の対象外となってしまう点です。また、近年の対人自転車事故での数千万円という高額な損害賠償額からすると、1,000万円や2,000万円の個人賠償責任補償額では、不十分な場合もあるかもしれません。