自転車事故

自転車保険がおりないケースとは

自転車保険がおりないケースとは

自転車利用者の増加とともに、万が一の自転車事故に備えて自転車保険に加入する人も増加してきました。でも保険に入っているのだから安心と思って油断してはいけません。今回は自転車利用者が注意したい自転車保険が下りないケースについて見ていきましょう。

おさえておきたい自転車事故の慰謝料計算

おさえておきたい自転車事故の慰謝料計算

近年、自転車と歩行者の自転車事故において高額な損害賠償金の支払いを命じる判決が増えてきています。このような損害賠償金のなかには、治療費や休業損害といった財産的損害だけでなく、精神的損害である慰謝料も含まれています。当たり屋とまではいわないまでも、被害者のなかには、加害者に法外な慰謝料を要求する人もいます。ですから、自転車利用者ならば万が一の自転車事故に備えて自転車保険に加入するだけでなく、慰謝料の相場についての知識を持っておいて損はないでしょう。今回は、自転車事故における慰謝料についてご説明します。

自転車への「当たり屋」

自転車への「当たり屋」

わざと車にぶつかっておいて、示談金などの名目で金をだまし取ろうとする詐欺行為を行う人「当たり屋」という。というと車の運転手を狙ったものが多いと思われる人も多いでしょう。これまでは、当たり屋のターゲットとされてきたのは車でした。しかし近年、自転車をターゲットとした当たり屋が急増しています。このような当たり屋の手口にのせられて、まんまと示談金をとられたなんてことにならないように、今回は自転車を狙った当たり屋の手口とその対処法についてご紹介しましょう。

民事責任だけではない自転車事故の責任

民事責任だけではない自転車事故の責任

年間およそ11万件も起こっている自転車事故。なかでも、自転車と歩行者の衝突事故で自転車が加害者となってしまうケースが増加しています。誰でも気軽に利用できる自転車ですが、もし事故を起こしてしまったらどのような責任を問われるのでしょうか。今回は自転車事故における民事責任と刑事責任についてご説明いたします。

厳罰化された改正道路交通法

厳罰化された改正道路交通法

自転車は、子供からお年寄りまで、誰でも気軽に利用できる乗り物ですが、免許制度がないため、交通ルールについては学ぶ機会がほとんどありません。自転車走行における交通ルールを正確に把握していないために、自分勝手で危険な運転をしている人が非常に多いのが現状です。そこで、今回は、「正しいルールを知らなかったので、交通違反をしてしまった」ということがないよう、あらためて2013年6月に公布された改正道路交通法についておさらいをしてみましょう。

不利にならないために押さえておきたい過失割合算定の基本

不利にならないために押さえておきたい過失割合算定の基本

通勤や通学で毎日利用するという人も多く、日常生活での利用頻度が高い自転車。そのため、誰しもが、自転車事故の当事者となってしまう可能性があります。とくに、近年は非常に高額な賠償金を請求される事例も増えてきています。そこで、今回は自転車ユーザーにはせひとも押さえておきたい、賠償額の決定にも重要な過失割合の算定方法について、ご説明いたします。

近年の自転車事故の実態と傾向

近年の自転車事故の実態と傾向

身近で誰でも使えるからこそ、誰もが被害者や加害者になってしまう可能性のある自転車事故。そこで、今回は近年の自転車事故の実態と傾向を見ていきましょう。

▲自転車事故 TOP