【カードローン】どこで申し込むの? 事前に必要な書類も紹介

様々な“カードローン”の申込み方法について紹介 [拡大する]

様々な“カードローン”の申込み方法について紹介

 カードローンは、担保や保証人を必要としない場合が多く、比較的早く申し込み審査が完了する。突然お金が入用になった際に便利なローンといえるだろう。では、実際に借り入れるには、どこで申し込めばいいのか? カードの受け取り時に必要な書類と合わせて紹介する。

■インターネット、郵送、ATMなどで申し込み可能

 カードローンには様々な申し込み方法があるが、まずは【インターネット】。時間や場所を問わず申し込める上、他人に知られにくいという利点もある。ネット上で個人情報を入力することに抵抗がある場合は、用紙をダウンロードして【郵送】してもよい。【電話】申し込みも可能だが、その場合は専用ダイヤルを活用しよう。

 初めての利用で不安がある場合は、注意点などを聞いてから申し込める【店頭】もおすすめ。また、カードローン会社が提携している銀行やコンビニの【ATM】からも可能。専用セットが設置されていれば、必要事項を記入して郵送する形でもよい。その場で申し込みたい場合は、身分証明書などを準備していくのが得策だ。

■カードを受け取るには“公的証明書”が必要

 申し込みが終わり、審査が無事に完了したら、カードを受け取ることができる。受け取り方法には、店頭と郵送の2通りあるが、いずれにしても本人確認ができる公的証明書が必要。郵送の場合は、届いた契約書に必要事項を記入し、証明書を添えて返送する。

 公的証明書とは【運転免許証】【パスポート】【健康保険証】【住民票】など。顔写真付きでなければならない場合もある。また、借りる額によっては【所得証明書】【源泉徴収証】【納税証明書】【確定申告書】といった書類も入用になる。ちなみに、専業主婦(夫)が受け取る場合は、配偶者の所得証明書やそれに準ずる書類を用意しておこう。

>> <ランキング>「返済のしやすさ」 満足度の高い銀行カードローンは…?

>> 「カードローン」利用前に抑えておきたい“4つの特徴”


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。