【カードローン】知っておくべき“3つの系列”とは? それぞれの特徴も紹介

カードローンを選ぶ前に抑えておきたい“3つの系列”とは? [拡大する]

カードローンを選ぶ前に抑えておきたい“3つの系列”とは?

 カードローン会社は系列によって特徴が異なるのをご存じだろうか。それぞれに異なる特徴があるので、実際に選ぶ場合は、各系列のポイントを抑えておく必要があるだろう。そこで今回は、カードローンの主な3つの系列とそのメリット・デメリットについて紹介する。

【1】銀行系カードローン
 銀行系カードローンは、銀行グループに属する消費者金融系カードローンのこと。三井住友銀行カードローンや、みずほ銀行カードローンがそうだ。

【メリット】
 銀行系カードローンを利用するメリットは、「安全性が高い」「金利が低い」「限度額がない」ことの3つ。また、給与の振込や公共料金の引き落としなどで同じ銀行を利用している場合、提示されている金利よりさらに低くなるといった優遇を受けることができる場合もある。

【デメリット】
 デメリットは、「審査基準が厳しい」「審査期間が比較的長い」などが言える。審査に時間がかかるため、審査期間もその分長くなってしまう。ほかのカードローン会社に比べると、どうしても銀行系の審査は時間を要してしまう。

【2】流通・信販系カードローン
 流通系カードローンは、百貨店やデパートなどが発行しているクレジットカードに付随しているカードローン。信販系カードローンは、信販会社が発行するクレジットカードに付随しているカードローンのことを指す。

【メリット】
 流通・信販系のメリットは、「比較的審査が緩く利用しやすい」ことのほか、「ポイントの付帯」などが言える。流通系カードローンの場合、ショッピングなどの利用状況などによってポイントが付与されたり、信販系クレジットカードでは普段利用しているクレジットカードでお金の借入ができるため、比較的安心で使いやすい。

【デメリット】
 一方、デメリットは「金利が高い」ことだ。少額であればあまり問題ないが、高額の借入や返済期間が長くなる場合にはあまり適したカードローンとは言いづらいだろう。

 
【3】消費者金融系カードローン
 その名の通り、消費者金融が提供しているカードローンサービスのこと。“消費者金融”というと抵抗を感じるかもしれないが、基本は上記2系列のカードと変わらず、きちんと利用方法を守れば通常のカードローンとして利用できる。

【メリット】
 消費者金融系のメリットは、なんと言っても「審査が緩い」こと。審査が通りづらいフリーターなどでも通過できるケースがある。

【デメリット】
 逆に、デメリットは「金利がほかに比べて高い」点だ。審査が緩い分、金利は高くなる傾向にある。当然、長期的な返済などには向かないといえるだろう。

 カードローンは便利である反面、リスクもあるもの。自分にあったカードローンの系列を見つけ、計画的に借入していきたい。

>> 「借り入れのしやすさ」で満足度の高い【銀行カードローン】はどこ?

>> 『カードローン』で失敗しない! 安全な会社の見極め方とは?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。