担保ローンと無担保ローンとは? メリット・デメリットを紹介

  • 【画像】カードローン,担保ローン,無担保ローン

 ローンには担保ローンと無担保ローンがあります。その名の通り、ローンを組む際に担保を必要とするのが「担保ローン」、担保を必要としないのが「無担保ローン」です。ここでは担保ローンと無担保ローンの具体的な特徴や、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

担保とは

 担保とは、借りた側が将来返済することが不可能になった場合、それを補うことを保証するもののことを言います。簡単に言うと、借金を返すことができなくなってしまったら、担保にしていた土地や物品などが貸主のものとなるということです。
 
 ローンを組むということは、毎月決まった額を返済することになるわけですが、ローンの返済途中で支払いが苦しくなってしまうケースもあります。そのような場合に備えて、ローンを組む際に担保が必要となることが一般的です。

 担保の種類は、動産の「質権」、不動産の「抵当権」、額によって複数の債権を担保する「根抵当権」、将来の債務不履行に備えて事前に不動産の仮登記を行う「仮登記担保」などがあります。

担保ローンと無担保ローンの違い

 ローンと聞くと、一般的には土地や家の抵当権を担保にお金を借りるというイメージがあります。これを「担保ローン」といいます。一方、個人向けのローンの中には担保を必要としないローンもあり、これを無担保ローンといいます。

 2つの違いは、「契約時に担保を必要とするかどうか」です。担保ローンの場合は、不動産などの担保にできるものがなければ、ローンを組むことすらできない場合があります。個人向けの無担保ローンの場合は、契約時に担保を必要としない分、利子を高く設定するなど、貸主側のリスク対策がされている場合がほとんどです。

無担保ローンの仕組み

 ローンを組む際に「担保が必要ない」と聞くと、不安に感じる人もいるかもしれません。まずは、無担保ローンがどのような仕組みで成り立っているのか確認しましょう。

 無担保ローンの場合、貸主にとって最も大きなリスクとなるのは、借主側の債務不履行です。担保ローンであれば、ローンの返済ができなくなった時点でその担保が貸主側のものとなるので、万が一の場合でも大きな損害を被ることはありません。ですが、無担保ローンの場合、そのようなリスクを回避する担保がないため、借主が債務不履行になってしまえば、支払われていないお金はそのまま企業の損害につながってしまい、経営をしていくことができません。

 無担保ローンは債務不履行のリスクを避けるため、借主の審査をとても慎重に行います。借主に返済能力があるかどうか、勤務先や勤続年数、年齢などあらゆるデータを参照して、審査を進めます。このデータは、本人の申告だけではなく、個人のカードの返済履歴や申し込み状況などがわかる「信用情報機関」からのデータも参考にします。

 そして、ローン申し込み者の返済能力を慎重に精査し、お金を貸すかどうかを決定します。担保ローンと比べて、個人の信用能力が大きく影響するローンであるといえるでしょう。

無担保ローンの種類

 無担保ローンにも様々な種類があります。借りたお金の使い道が自由なことが一般的であり、個人の信用に重点が置かれている傾向にあります。具体的な種類は以下の通りです。

<銀行や消費者金融のカードローン>
カードローンとは、銀行や消費者金融で発行しているカードを利用し、限度額範囲内で何度も借入をすることのできるローンです。銀行のカードローンは、消費者金融よりも金利が低い特徴があります、どちらも借りたお金の使い道は自由です。

<銀行フリーローン>
銀行フリーローンとは、銀行が取り扱っているお金の使い道が自由なローンです。カードローンと違い、借入は1度のみで、追加で借入をしたい場合は再度申し込みが必要となります。金利がとても低いことが特徴です。借りたお金の使い道は自由ですが、利用目的は申告しなければなりません。

<消費者金融や信販会社のキャッシングサービス>
キャッシングサービスとは、消費者金融や信販会社が個人向けに無担保・無保証人で貸付を行う小口融資のことをいいます。金利はあまり低くないですが、利用限度額内であれば何度でも借入を行うことができます。借りたお金の使い道は自由です。

<クレジットカードのキャッシングサービス>
クレジットカードは、ショッピングの時の後払いのイメージがありますが、お金を借りるキャッシングサービスもあります。お金の使い道は自由ですが、ショッピングなどで使用するのに比べて金利は高くなります。

担保ローンのメリット/デメリット

 担保ローンには、返済できなくなった時の保証があることから、メリットが多いイメージがあります。ただし、担保ローンにもデメリットはあります。担保ローンのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

<一般的に金利が低い>
不動産の抵当権などを担保にするため、担保ローンは一般的に金利が低い傾向にあります。長期間で安定的に返済をする上では大きなメリットとなるでしょう。

<高額融資が可能>
担保がある分、高額の融資も可能になる場合があります。担保の価値によって融資額が変わるため、大きなお金を借りたい場合は、それだけの価値がある担保があれば可能となります。

デメリット

<融資までに時間がかかる>
担保にする不動産の鑑定などが必要となるため、融資を受けるまでに時間がかかります。最短でも3日はかかると考えておきましょう。

<諸費用がかかる>
担保ローンは事前に諸費用がかかることもデメリットとなります。具体的には、担保にする不動産の調査費用や登記における費用、事務手数料などが必要となります。

<担保にする不動産にも条件がある>
ローンを組む際に、何でも担保にできるわけではありません。不動産を担保にする場合は、その不動産に抵当権が設定されていないことが大前提となります。そのため、住宅ローンを利用している場合は、その不動産を担保にすることができません。

無担保ローンのメリット/デメリット

 無担保ローンにも、担保ローンと同様メリットとデメリットどちらも存在します。無担保ローンのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

<融資がすぐに受けられる>
無担保ローンの最大のメリットは、審査から契約までのスピードが速いこと。最短で即日融資が可能な場合もあり、すぐにお金の借入がしたい場合は、大きなメリットといえるでしょう。

<面倒な手続きを必要としない>
担保を必要としない分、担保ローンで必要な不動産の鑑定や登記の手続きなどが不要です。面倒な手続きをせずに、ローンの借入を行うことができます。

デメリット

<金利が高い>
無担保ローンは、担保を必要としない分、金利が高い傾向にあります。担保ローンは一般的に1〜3%ほどの金利ですが、無担保ローンの場合は最大で18%の金利となります。担保ローンと比べると、金利の違いは明らかです。

<返済不能になったときの保証がない>
担保ローンの場合、返済能力が困難になった場合は担保を手放せば、それ以上に取られることはありません。ですが、無担保ローンは、個人の裁量に比重が高くおかれているため、返済ができなくなった場合に、自己破産を選ぶこととなってしまいます。そうなると、不動産に限らず、自身の車やその他の財産まで差し押さえられてしまう可能性もあります。

まとめ

 上記のように、担保ローンと無担保ローンには、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。融資までの期間や諸費用はかかりますが、金利が低く長期返済や高額融資を受けることができるのが「担保ローン」の特徴。一方、無担保ローンであれば、融資までの期間が短く、高額融資ではないですが、手軽にお金の借入をすることができます。借りたい額や使い道、返済計画などに合わせて自分に合ったローンを組むことが大切です。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について