カードローン、審査に不利な職業って? 属性ごとにポイントを紹介!

 素早く融資を受けられるカードローン。審査の際に、担保や保証人を必要としない点も便利さのひとつですが、その審査には職業や雇用形態によって有利な点、不利な点はある。今回は、具体的な職業を挙げながら、審査においてどのような点をチェックされるか、通るために何が必要かを紹介していきます。

審査に不利な条件って…? 職業ごとにポイントを紹介!

 まずは、カードローンの審査に不利あるいは融資を受けることが難しいとされている職業などを見ていきましょう。
フリーター・専業主婦・年金受給者・無職/失業者
 単純に正規雇用ではなくフリーターや専業主婦だから…という基準ではなく「安定した収入がある」という査定条件に照らし合わせて、一般的にカードローンの審査をクリアすることが難しいとされています。年金受給者の場合は、十分な収入があっても、特に銀行系のカードローンでは年齢制限から融資を受けることが難しいでしょう。

 また、専業主婦の場合、家族の名義で借りることもできますが、きちんと許可を取らないと後々トラブルのもとになります。金融機関によっては、一定の金額内であれば収入証明を必要とせず、専業主婦でも借りられるカードローンのメニューを用意しているところもありますので、探してみるというのも手。

 ですが、無職や失業中の場合は、借りられることはほとんどなく、もし「そういう立場の方でも融資する」という会社があれば、それは「ヤミ金」の可能性があるため注意が必要です。


派遣社員・契約社員
 審査をクリアするのが難しいイメージがあるものの、決して不利ではないといえる職業が派遣社員と契約社員です。

 派遣や契約社員だからといって、審査が厳しくなるということはほとんどないようです。雇用形態ではなく、勤務先によって審査をする場合もあるため、たとえ派遣社員や契約社員でも、大手企業に勤めているほど有利であるとされています。


水商売・学生・外国人
 こうした一見不安定そうな属性の場合も、収入さえあれば審査に不利ということはありません。また、外国籍の方も申込OKな銀行や消費者金融も増えてきています。ただし、その場合は在留カードを持っていることが条件になります。

“虚偽の報告”の可能性も!? 申し込み時の注意点とは?

 職種以外にも審査のポイントはあります。まずは「勤続年数」。1年以上安定してひとつの職場に勤めていれば、たとえフリーターだとしても信用に足るとみなされます。

 もうひとつ重要なのは「返済期日を守ること」。手軽なカードローンに慣れてしまうと、完済しないまま何度も借入をして、気づいたら支払いがまったく追いつかない…というケースも多くあります。特にカードローンで主流とされているリボ払いは、毎月の返済額が変わらないため、合計の借入金額を見失ってしまいがち。きちんと明細を確認し、「お金を借りている」という自覚を忘れないようにしましょう。

 そのほか、審査に落ちてしまったパターンとして「正確な情報を記入しなかった」ということもあります。嘘の勤務先や収入を記入してしまうのは論外ですが、記入漏れやミスも「虚偽の報告」とみなされてしまうため、十分に注意が必要です。

 また、過去にブラックリストに載ったこともないのに“審査に落ちてしまった”という人もいます。これは、カードローンの申し込み金額が高すぎる場合に起こります。「急なお金が必要になったときのために…」と、自分の所得よりも高い、あるいは所得と変わらない金額で申し込みをしてしまうと、信用調査の前に書類選考で落ちてしまいます。申込の際には、所得の3分の1程度を目安にしましょう。カードローンは一度審査に通り契約を結べば、その後再審査で限度額を上げていくことも可能です。

 カードローンの審査には、職業の種類よりも「安定性」や「信頼性」が重視されることがわかります。たとえ正規雇用ではなかったり、自営業であっても、きちんと収入が証明できれば、審査が厳しくなるといったことはないようです。また、経営者や個人事業主向けのビジネスローンや学生、主婦に向けたカードローンもありますので、まずは自分がきちんと返済できるかも含め、利用を検討してみましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について