カードを失くして詐欺にあったら!? カードローンのサポートについて

 限度額内であれば、カード1枚でいつでもどこでもお金が借りられるのが、カードローン最大の魅力。だが、そんな便利なカードをもし紛失したり、盗まれてしまったりしたらどうなるのかと、不安に思う人も多いだろう。万が一の際に、どんな行動をとればいいのか、どんなサポートが受けられるのかを知っておくことは非常に重要なこと。今回は、カードの紛失や詐欺にあった時にすべきことに加え、サポートサービスについても紹介します。

紛失の例・対策

カードの紛失・盗難の例
カードの紛失や盗難されるケースは以下のような場合があります。

「財布の置き忘れ…」
置き忘れが多い場所としては、コンビ二のトイレやスーパーマーケットの買い物かごの中などが挙げられています。

「駐車中の車内からの盗難」
ファミレスやコンビニ、ホームセンターなどに駐車した車からカードが盗まれるケースが多発しています。

「カフェや飲食店内でのスリ」
椅子や壁にかけたカバン、場所取りに置いたカバンから財布がすられてしまうことも。

「電車内や駅構内などでのスリ」
お酒を飲んだ帰り道は特に要注意です。

<紛失・盗難の危険性とは>
 カードローンのカードを紛失してしまうと、カードを悪用され、限度額までお金を借りられてしまう可能性があります。予防法として一番に効果的なのはもちろん、紛失や盗難にあわないようにすること。ファミレスや飲食店で席を離れる時は必ず財布を携帯する、駐車場に停めた車の中にカード類を放置しないなどが有効な対策になります。
<紛失・盗難にあった時は…?>
 一方、もしカードローンのカードの紛失・盗難にあってしまったら、最初にするべきことは「カードローン会社に電話をしてカードの使用を差し止めること」。例えカード番号がわからなくても、名前や住所から調べてくれるので、とにかく気づいた時点ですぐ自分が契約するカードローン会社の紛失対応窓口に電話をしましょう。それが終わったら、次に所轄の警察署に行き、紛失又は盗難届けを出すことも必要。万が一、カードが不正利用されていた際は、保険で補填されるか否かのポイントにもなるので、この2点は必ず実行するようにしてください。

詐欺被害の例・対策

詐欺被害の例
 カードローンの便利さが広まるとともに、カードローンを利用したさまざまな詐欺も発生しています。代表的な手口には以下のようなものが挙げられます。

「偽DM詐欺」
 カードローン会社を勝手に名乗り、融資の勧誘や返済請求、債権回収などを名目としてDMが送られて来るパターンです。このような場合は、とにかく相手にしないことが一番です。

「保証人詐欺」
 カードローンは基本的に保証人が不要ですが、借入額が高額になる場合に限り、保証人が必要な場合もあります。「必要な保証人を紹介する」と持ちかけ、紹介料を払っても、実際には保証人は紹介されずお金だけを騙し取る手口です。

「フィッシング詐欺」
 カードローン会社や金融機関を名乗ってメールを送信し、カード暗号や暗証番号、銀行口座などの情報を引き出そうとするものです。悪質なものでは、メールを開封しただけでパソコンがデータを盗むウイルスに感染する場合もあるので、心当たりのないメールは開かないようにしましょう。

「名義貸し詐欺」
 「カードローン調査のアルバイトをしませんか」などと持ちかけてカードを契約させ、小額の謝礼と引き換えにそのカードと暗証番号を要求。カードを使って借り入れを行う詐欺です。

※詐欺被害に遭わないために…※
 各カードローン会社も詐欺には敏感で、公式サイトで最新の詐欺情報を公開し注意を呼びかけています。一度目を通し、どんな手口があるのか知ることが詐欺被害に遭わないための一番の“予防”になるでしょう。

カードローンのサポートサービス

 紛失や盗難、詐欺に気をつけていても、被害に遭ってしまうことはあるでしょう。その場合はどうなるのか。実は、ほとんどのカードローンにはカードの紛失・盗難保険が付保されており、紛失や盗難を届け出た日から60日さかのぼって、それ以降の損害を補填してくれるのだ。つまり、万が一悪用されたとしても、届け出さえしておけば、金銭的な被害が発生することは基本的にはありません。

 クレジットカードの裏面に署名していなかった、暗証番号に誕生日や電話番号など類推されやすい番号を設定していた、カードを駐車中の車に置きっぱなしにしたなど、明らかに「カードの管理が甘かった」と思えるような事態さえなければ、例え使い込まれていても、その分の保証を受けとることができます。

 また、カードが紛失や盗難にあった場合、通常カードが再発行されるまでカードの利用ができなくなるのは大きなデメリット。だが、この点に関しても、緊急カードの即時発行や緊急キャッシングサービスを行っているカードローン会社もあるため、事前に自分のカードローン会社のサービスを確認しておくと良いだろう。

まとめ

 カードの紛失や盗難、詐欺にあわないために必要なのは、普段から注意を払っておくことに尽きます。それさえきちんと守り、万が一の際には「カードローン会社の紛失・盗難窓口に速やかに連絡する」「警察に紛失・盗難届けを出す」ことさえしておけば、仮に使い込み被害にあったとしても実害は0円に抑えられます。とはいえ、トラブルはないに越したことはないので、くれぐれもカードは大切に保管・管理しましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について