クレジットカードのマイレージとは?

 旅行で飛行機を利用した時などに、よく「マイル」や「マイレージ」という言葉を耳にします。しかし、実際のところ、マイルとは一体どういうものなのかわからない方も多いかもしれません。マイルがたまると言われても、その貯まったマイルの使い方がわからなければ、利用できません。今回はそんなマイレージの概要や利用方法についてご紹介します。

そもそも「マイレージ」とは?

 マイレージとは、航空会社が実施しているポイントプログラムのことを指します。マイルは、そのプログラムにおけるポイントの単位のことです。マイレージプログラムができた当初は、飛行機を頻繁に利用するお客様に向けてのサービスの一環として、飛行機に搭乗した際に、その距離に応じてマイルを付与するというサービスでした。
 最近では、この搭乗距離のマイル付与に加えて、航空会社が提携しているクレジットカードで買い物をした際にマイルがたまる仕組みも導入されているため、様々なシーンでマイルを貯められるようになりました。
 貯めたマイルは航空券や座席のアップグレード特典、各種景品などと交換をすることができます。

クレジットカードでマイルを貯める

 ANAやJALなどといった航空会社が発行しているマイレージカードには、クレジット機能が搭載されているものがあります。このクレジットカードを普段の生活で利用することで、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができます。あまり飛行機に乗る機会がない場合でも、マイルを気軽に貯めることができます。特に公共料金や食費などを、クレジットカードを利用して支払うようにすれば、月々の生活費の額によっては1万円近くマイルを貯めることも可能です。
 また、飛行機によく乗る場合は、ひとつランクを上げたクレジット機能付きマイレージカードにしてみてもいいかもしれません。年会費なども上がりますが、よりマイルが貯めやすく、旅行傷害保険や提携ホテルや免税店などでの割引など、様々な特典を受けることができるため、とてもお得なカードです。
 また、マイレージカードには、電子マネー機能がついている場合もあります。ANAはEdyを標準搭載しており、JALは一部マイレージカードにSuicaやWAON機能が搭載されています。それぞれ200円の利用で1マイルが付与されます。

マイルの様々な利用方法

 マイルを貯めることで、日々の生活での楽しみはより大きくなります。通常のポイントよりも還元率が高い場合が多く、お得にショッピングやサービス特典を受けることができるのです。
 また、クレジットカードでの買い物でマイルを貯め、貯まったマイルで旅行に行く、いわゆる「陸(おか)マイラー」と呼ばれる方々もいます。これは、飛行機に乗らず、陸で貯めたマイルで飛行機に乗ることからそう呼ばれています。マイルでお得に旅行に行きたいけれど、飛行機に乗る機会がないという方には、クレジット機能のあるマイレージカードを利用することをおすすめします。通常のクレジットカードと同様に利用できる上に、ショッピングでもマイルを貯めることができるため、マイルを貯めることが楽しくなるかもしれません。