便利で使いやすいトランクルームの見つけ方

 トランクルームを利用しようと思ってインターネットで検索してみると、たくさんの運営会社のサイトがヒットすると思います。

 トランクルームと一言にいってもさまざまな種類があり、その種類ごとに多くの運営会社がサービスを展開しています。あまりに選択肢が多いと、何を基準に選べばいいのか困ってしまうかもしれません。今回はトランクルームの「使いやすさ」をポイントに、選ぶときのチェックポイントを紹介します。

屋内型と屋外型、それぞれの「使いやすさ」

 セキュリティ面でいえば、屋内型の方が安心ですが、使いやすさといった視点で見る場合どちらの方が優れているでしょうか。屋内型と屋外型、それぞれに使いやすさがあります。用途に合わせてどちらの使いやすさが自分に合っているかを基準に選びましょう。以下、屋内型と屋外型、それぞれの使いやすさのポイントです。

〈屋内型〉
・建物内なので、荷物の搬出や搬入の際に雨に濡れない
・24時間出し入れ可能の会社もある
・専用の駐車場を設置している場合がある

〈屋外型〉
・車を横付けできる場合が多く、荷物の出し入れがスムーズ
・原則24時間荷物の出し入れが自由
・料金が手頃なので利用しやすい

使いやすさは利用時間もチェック

 トランクルームは長期間保管していて中の荷物を全く取り出さない人もいますが、多くの場合、定期的に荷物を入れ替えたり、必要な荷物を取り出したりします。

 例えば、夜に突然保管している荷物が必要となる場合があるかもしれません。そのようなときにすぐ取り出せるかどうかも、トランクルームの使いやすさを考える上で重要なポイントです。

 セキュリティや保管環境がしっかりしている、倉庫会社が運営しているトランクルームは原則荷物の出し入れは営業時間内です。そのため、荷物を営業時間外に取り出したいとなっても取り出せなかったり、取り出せても別料金が発生してしまったりする可能性があります。

 一方で、レンタル収納スペースやコンテナは原則24時間運営なので、必要なときにいつでも取り出すことができます。その代わり管理人は常駐していないため、荷物の管理は全て自分でしなければならいので注意しましょう。

全体の設備の使いやすさをチェック

 気になるトランクルームを見つけた場合は、必ず内覧に行くようにしましょう。その際に、トランクルームの設備がしっかりしているか、不便な点はないか必ずチェックします。

 例えば、大きな荷物を出し入れする場合、なかなか自分一人では持ち運ぶことができません。そのようなときに台車が一台あればとてもスムーズに出し入れすることができます。

 トランクルームが上の階にある場合は、台車があっても持ち運びが大変になってしまいます。必ず、エレベーターがあるかどうかの確認を行いましょう。

 見落としがちなのは、駐車場が併設されているかです。野外コンテナは、駐車場があれば、車を横付けして荷物の出し入れをすることができます。しかし、屋内型の場合は、まずどこかに一度駐車してから荷物の出し入れを行うのが普通です。トランクルームに専用の駐車場がない場合、遠くの駐車場から荷物を持ち運びすることになってしまう可能性があるので、必ず駐車場を確認するようにしましょう。