東京ゲートブリッジ、ライトアップ開始

25日午後7時にライトアップを開始した東京ゲートブリッジ [拡大する]

25日午後7時にライトアップを開始した東京ゲートブリッジ

 今年2月に開通した東京ゲートブリッジ(東京都江東区若洲〜中央防波堤外側埋め立て地)のライトアップが25日午後7時、開始された。同橋にはLEDカラー照明が886基設置されており、今後はライトの色や動きを月ごとに変化させていくほか、祝日など特別な日には、通常とは異なるカラーを点灯する。

 周辺の渋滞緩和のほか東京湾の新スポットとして注目を集めている東京ゲートブリッジは、レインボーブリッジ(798メートル)の約3倍となる全長2618メートルで、“向かい合う恐竜”のような形状が特徴。橋には歩行者が渡れる歩道も整備されており、今年5月に開業する東京スカイツリー(墨田区)のほか都心の高層ビルなども楽しむことができる。

 また、車を利用せずに同橋のライトアップを楽しむ場合は新木場駅から徒歩10分程度の若洲海浜公園や、りんかい線東雲駅などがあり、東京港湾事務局や東京臨海高速鉄道はWebサイトで“おすすめ夜景スポット”を紹介している。


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。