査定士はどこを見ている? 車買取で損をしないための注意点

気になる「車買取」の査定。査定士が見ているポイントとは? [拡大する]

気になる「車買取」の査定。査定士が見ているポイントとは?

 初めて車を売るとき、「いくらで売れるだろう?」「何を見て値段を付けているのかな?」と気になるが、査定において重視されるポイントを知らないと、いつの間にか損をすることもある。また、買い取りの一括査定をしてくれるサイトに申し込むと、営業の電話やメールが大量に来て仕事や生活に支障をきたす可能性もある。ここでは、「車買取」を依頼したときに査定士が見ているポイントや、査定にまつわる注意点について紹介していく。

■車買取の査定は、いったいどこを見ているの?

 車の査定士が、査定を行うときにチェックするポイントは、主に以下のような点になる。

<車種、年式、グレード>
 最初に見るのは、買い取り額のベースとなる「車種」「年式」「グレード」の3点だ。ほかの部分は持ち主の乗り方や扱い方次第で変わるが、この3点は後から変えられるものではない。従って、ここで算出したベース金額は、思っていたより低い金額だったとしてもプラスに転じることはほぼあり得ないと思ったほうがいいだろう。査定額アップを狙うなら、ベース金額以外のところに目を向けるべきだ。

<走行距離>
 査定士が次に見るのが「走行距離」だ。ポイントとなるのは、一般ドライバーが年間に走行する距離の平均値である「標準年間走行距離」で、普通車なら1万キロメートル、軽自動車なら8000キロメートルとされている。この距離を大きく上回っている場合は、査定額がマイナスになる可能性があり、逆に下回っている場合はプラスになる可能性がある。

 当然ながら、車は長く乗り続けていれば部品が摩耗し、寿命が短くなっていく。そのため、平均より走行距離が長い車は高い価格が付きにくい。しかし、車は、動かさずに放置していると、逆に調子が悪くなり、エンジン不調によるマイナス査定もあるので注意しよう。

<外装>
 外装の傷やへこみ、破損などは、車の価値を大きく左右する。大切に乗ってきた車でも、購入時に比べれば傷や汚れが付いているだろう。小さな傷も査定士は見逃さない。ある程度は査定額に影響があるものと覚悟しておこう。しかし、小さな傷程度であれば、むしろ修復をせず、そのままにしておいたほうがいいだろう。なお、ツヤや光沢を出すための洗車やコーティングなどは、しておいて損はない。

 もうひとつ、注目すべきはボディーカラーだ。カラフルな色は好みが分かれるため、シルバーや黒といった定番色のほうが査定額は上がる。将来的な売買を視野に入れて車を購入するなら、定番色を選ぶという選択肢もある。

<内装>
 内装の汚れも査定に響く。泥汚れやほこりなどは、掃除機をかけたり、拭き掃除をしたりして落としておこう。シートやフロアマットは一度?がして、きちんと掃除をしておくことをお勧めする。交換が必要なほどの汚れはもちろん、内装に染みついたたばこやペットの臭いもマイナスになる。

<エンジンおよび足回り>
 エンジンや足回りに異常がなく、走行状態が良好であることも重要だ。主に以下のような項目がチェックされている。

・アイドリングに不良がないか
・排気ガスの色
・エンジンルーム内の汚れ
・エンジンの焼き付きがないか
・エンジンから異音がしないか
・改造パーツがないか
・修復歴がないか

 改造歴や修復歴があると、査定額を大きく引き下げることになる。逆に、査定日から1年以内に法定点検整備を受けたことを証明できると、「エンジンのチェックができている」と評価され、相場よりも査定額が上がる。

<オプション>
 エアコンやカーナビなど、オプションである装飾品も査定対象だ。車そのものの状態は良くてもエアコンなどが壊れていると、査定はマイナスになる。オプションを修理しても「修理歴」にはならないので、気になる場合は修理しておこう。ただし、修理代が高額になる場合は、修復せずにそのまま査定に出すというのも賢明な判断だ。

<書類の有無>
 車本体のことではないので少し意外に思えるかもしれないが、実は書類も査定に響く。中でも、法的な点検・整備の内容を記録する「定期点検整備記録簿」は、定期的な点検で愛車の状態を良好に保っていることを証明し、過去の整備状況を確認するためのツールとしても重要だ。普段は自宅に保管しているとしても、査定を依頼するときには車検証などと一緒に車に載せておこう。また、新しい持ち主にとって必要な情報となる「取扱説明書」もあったほうが、買取査定のポイントは上がるだろう。

■便利な一括査定は落とし穴に注意!

 売るか売らないかは後で判断するとして、とりあえず「自分の車にどれくらいの値段が付くか知りたい」「実際のお店に行く時間がない」というときなどは、インターネットの一括査定を利用するという手もある。一度情報を入力すれば、複数の会社から査定結果が来るので、とても便利な方法だ。

 一方、不要な人にとっては、営業電話や営業メールが来るというデメリットもある。気楽な気持ちで依頼するよりは、少なからず売却の意思がある段階で申し込むようにしよう。営業電話の対策としては、査定依頼時に「電話での連絡を希望していない」「メールの連絡を希望する」などを伝えておくことをお勧めする。

>>重要ポイント “見積り・査定の満足度”で選ばれた車買取会社はどこ?

>>「自動車保険料」新割引が登場!? “新車購入”や“買い替え”の前に要チェック!

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。