高く買い取ってもらえるボディカラーとは

  • 高く買い取ってもらえるボディカラーとは

 中古車査定は車の状態によって査定額が決定されますが、実はボディカラーによっても査定額が変わってきます。どうしてボディカラーによって査定額は変わるのでしょうか。また、どんな色が高値で取引されているのでしょうか。あまり知られていないであろうボディカラーの価値について紹介します。

ボディカラーによって査定額が違う?

 中古車査定のポイントといえば、走行距離や年式、ボディのキズなどをイメージすると思いますが、実はボディカラーによって査定額が上下することがあります。その理由を簡単に説明すると、みんなが欲しがる人気のある色は高値で取引されやすいからです。また、在庫期間が長ければ長くなるほど商品価値が下がってしまう中古車市場では、売れにくい車は店頭に置きづらいのが業者側の本音です。具体的な査定額への影響は車種や価格帯によって異なりますが、低い価格帯の車であれば数万円程度、高い価格帯であれば10万円以上、場合によっては20万円以上になることもあります。具体的には、どんなボディカラーが人気なのでしょうか。

最も高額査定となるカラーとは?

 中古車市場やユーザーから人気の色は「白」と「黒」です。2色は定番カラーとして、幅広いユーザーからの支持を集めています。特にパール加工されたパールホワイトやパールブラックの車は人気が高い傾向にあります。実際、中古車販売サイトなどを覗いてみると、この2色は同一車種の中でも高い販売金額を提示されていることがわかるでしょう。

 一方で不人気色なのは「赤」「緑」、そして「黄色」などの原色系です。原色系は流行に左右されたり、好みが分かれる色であることが理由のようです。ただし、これはあくまでも一般論で車種のイメージとマッチしているなら高額査定も十分に考えられます。例えば、高級スポーツカーのフェラーリといえば「赤」や「黄色」がコーポレートカラーですよね。当然、中古車市場でも赤や黄色のフェラーリは人気が集まり、高額査定となることがあります。ほかにもCMに使われているボディカラーに人気が集中したり、営業車のイメージが強い車種では白や黒でも査定額が下がったりと、イメージカラーによって査定額が違ってくることがあります。

ボディカラーを塗り替えてもOK?

 このようにボディカラーは高額査定のための要素として重要になりうるのですが、もし不人気色の車を所有していた場合、人気色にカラーを塗り替えると査定額は上がるのでしょうか。

 結論から言ってしまえば、たとえボディをすべて塗装しても査定額のアップは期待できません。それどころかマイナス査定になってしまうことがあります。なぜなら、中古車査定では純正カラーを評価する傾向が強いからです。また、車をすべて塗装するには数十万円かかります。仮に査定額がアップしたとしてもトータルで考えるととても割に合わないでしょう。