車売却時の装備品について

  • 車売却時の装備品について

 カーナビゲーションシステム(カーナビ)、オーディオ、ETC(自動料金収受システム)、マフラー・ウイングなど、車には様々なオプションを付けることができます。しかし、査定でプラスの評価を得られるパーツもあれば、逆にマイナス査定が付くパーツがあることをご存知でしょうか。

装備品は付けたまま査定に出すべき?

 せっかく装備したオプションであっても、査定時に買い取り価格がアップされるものもあれば、逆にマイナス査定になる装備もあります。何も知らずに装備品を付けたまま査定すれば、損をすることになります。では、どんな装備品であれば車の価値が高まるのでしょうか。

「純正品」は付けたままでもOK

 オプションは大きく分けると「純正品」と「社外品」の2つに分けることができます。純正品の代表なのがメーカーオプションです。例えばサンルーフやムーンルーフ、エアバッグなどがあります。メーカーオプションは工場出荷時に取り付けられるオプションのことで、車体に埋め込まれているなど、取り外しが困難なパーツが多い傾向にあります。

 中古車市場に多く出回っているような車種でも、メーカーオプションを付けたものは個性が出るだけでなく、スタンダードなタイプと比べると数が少ないためプレミアムがつきやすく、車売却時には高額査定になりやすいようです。

 同じ純正品の1つにディーラーオプションがあります。こちらは工場から出荷された後に取り付けられるものであり、カーナビやシートカバー、サンバイザーなどになります。こちらもメーカーのオプションと同じく高い評価がつきやすいようです。

「社外品」はネットオークションも有効

 メーカー品でもなく、ディーラーのオプションでもないオプションを「社外品」と呼びます。エアロパーツやマフラーなど趣味的なパーツが多く、人によっては好き嫌いがあるので、場合によっては査定価格に加算されないどころか、マイナス査定を受けてしまう可能性があります。またインテリアに凝っていたり、個性的なドレスアップをしている場合も同様で、元に戻すための費用が発生するため、車売却時の評価額が下がってしまうことがあるようです。オプションがマイナス査定になってしまった場合は、パーツを取り外して、専門ショップに持ち込めば、高く買い取ってもらえる可能性があります。

 ネットオークションに出品するという方法も有効です。中古車店では需要がないパーツであっても、世の中には、そのパーツを探している人がいるかもしれません。場合によっては高額で落札される可能性もあります。一方で、パーツを外すことで取り付け時につけた穴が目立ってしまったり、新しいキズが付いてしまうことがあるので十分に注意しましょう。