“優待+配当利回り”で利益を狙う! 桐谷さん注目「高配当銘柄」5選

NISA口座で長期運用をする際には“優待+配当利回り”で利益を狙うという方法もある。桐谷氏が注目する「高配当銘柄」を紹介! [拡大する]

NISA口座で長期運用をする際には“優待+配当利回り”で利益を狙うという方法もある。桐谷氏が注目する「高配当銘柄」を紹介!

 今年から始まったNISA(ニーサ/少額投資非課税制度)。今年分の非課税枠を少しでも使っておきたいと考える投資家の中には、“優待品+配当利回り”で利益を狙う人も多いはず。そこで今回は、株主優待生活でおなじみの桐谷広人氏が、配当利回りが良く、使える優待品も手に入る『高配当銘柄』をピックアップ。桐谷氏が注目する5銘柄をみていこう。

【注目銘柄】その1
BPカストロール(東1/5015)

 9月ごろは株価1000円ほどで、利回りが6%以上だったが、「最近になって株価が急上昇」しているという注目銘柄。ただし、株価が上がっても配当利回りはいまだに4.5%以上をキープしている。最低保有単元数は100株だが、株主優待を受けるための最低保有数は500株なので注意が必要だ。500株以上保有でクオカード1000円分、1000株以上で2000円分がもらえる。12月末に権利確定を迎えるので、気になる人は忘れずに購入しよう。

【注目銘柄】その2
リベレステ(JQS/8887)

 首都圏を中心に、新築分譲マンションや分譲戸建て、宅地分譲、不動産仲介などの不動産事業を行う企業。桐谷氏は「高配当で利益も狙える割安株」と評価している。保有株数に応じて内容は変わるが、最低保有数100株で「星野リゾート裏磐梯ホテル宿泊優待券」1枚がもらえる。1泊2食付で1室2名まで利用できるので、旅行好きの人はチェックしてみてはいかがだろうか。配当利回りは4.5%前後、権利確定は5月と11月。

【注目銘柄】その3
ユニーグループ・ホールディングス(東1/8270)

桐谷氏が「使い勝手が非常に良い」と絶賛するお気に入り銘柄の一つ。保有株数に応じて金額は変わるが、最低保有数100株で『ユニー』や『アピタ』『サークルKサンクス』などグループ各店で使える優待券1000円分、または同額の自社製品詰め合わせがもらえる。配当利回りは3.5%前後、権利確定は2月。

【注目銘柄】その4
三栄コーポレーション(JQS/8119)

 今年9月から100株保有者の優待が新設された。保有株数と保有期間に応じて内容は変わるが、最低保有数100株、保有期間3年未満の場合で、自社グループ商品や社会貢献活動への寄付などが選べる2000円分のカタログギフトがもらえる。配当利回りは3.8%前後、権利確定は9月。

【注目銘柄】その5
ノジマ(JQS/7419)

 「割安な新興株」で今後の成長に期待したい銘柄。実際、11月半ばくらいまで株価600円台だったが、急上昇している。保有株数によって金額が変わるが、最低保有数100株で店舗利用できる10%引きの優待券が10枚ずつ、年2回もらえる。桐谷氏によると、割引券は金券ショップでも高く取引されることが多いという。株価急上昇の影響で、現在の配当利回りは1.8%前後になっている。権利確定は3月と9月。

 リアルタイムの株価や配当利回りをチェックしたい場合は、ネット証券各社の情報ツールが役に立つ。使い勝手や見やすさは人それぞれなので、自分に合ったツールがあるネット証券を選んでスムーズに取引をしよう。

>>「発注ツールの使いやすさ」が取引を左右する!?
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。