もらってうれしい生活必需品! 便利な“食品優待”注目5選

「明治ホールディングス」は自社グループの製品詰め合わせがもらえる(画像は優待品イメージ、内容は変更になる場合あり) [拡大する]

「明治ホールディングス」は自社グループの製品詰め合わせがもらえる(画像は優待品イメージ、内容は変更になる場合あり)

 3月は権利確定を迎える優待付き銘柄が1年の中で最も多く、その数はなんと650銘柄! 各業界の大手企業や、なじみのある有名企業も多く、銘柄選びの際にうれしい悲鳴があがりそうだ。そこで今回は、生活に便利な優待品がもらえる5銘柄をピックアップ。もらってうれしい“食品詰め合わせ優待”を紹介する。

【注目銘柄】その1
ハウス食品グループ本社(東証1部/2810)

 「バーモントカレー」や「北海道シチュー」など、カレーやシチュー用ルーでトップシェアを占める。ほかにもレトルト食品や調味料、スナック菓子「とんがりコーン」など幅広い商品を扱う。株主優待は、ハウス食品グループ製品の詰め合わせ。100株以上保有で1000円相当、1000株以上で3000円相当を年2回もらえる。3月末および9月末の株主名簿に2回以上連続で記載された株主が対象。

 購入金額の目安は20万円台、権利確定は3月末と9月末。


【注目銘柄】その2
東洋水産(東証1部/2875)

 即席麺などの加工食品が主力で、インスタントラーメン「マルちゃん」ブランドが有名。現在では国内シェア2位、アメリカやメキシコではトップシェアに成長している。株主優待は、自社製品詰め合わせ。1年以上継続保有の株主を対象に、100株以上保有で2000円相当、1000株以上で3500円相当、3000株以上で5000円相当がもらえ、詰め合わせに代えて、相当額を社会貢献活動団体へ寄付することもできる。

 購入金額の目安は40万円台、権利確定は3月末。


【注目銘柄】その3
日清食品ホールディングス(東証1部/2897)

 「チキンラーメン」や「麺職人」、「どん兵衛」シリーズなど、カップ麺の国内シェアは5割を超える。株主優待は、自社グループ製品詰め合わせ。100株以上保有で1500円相当、300株以上で3500円相当+自社オリジナルキャラクター“ひよこちゃんグッズ”など、保有数に応じて内容が異なる。こちらも詰め合わせに代えて、相当額を国連WFPへ寄付することもできる。

 購入金額の目安は50万円台、権利確定は3月末と9月末。


【注目銘柄】その4
明治ホールディングス(東証1部/2269)

 「明治製菓」と「明治乳業」が統合した企業で、乳業・菓子製品では国内トップシェア。株主優待は、明治グループの製品詰め合わせ。100株以上で2000円相当、300株以上で3500円相当、500株以上で5000円相当がもらえ、優待品を受け取る代わりに、同等品を福祉団体などへ寄付することもできる。

 購入金額の目安は130万円台、権利確定は3月末。


【注目銘柄】その5
 キッコーマン(東証1部/2801)

 株式会社成立以来100年近く続いているしょうゆメーカー最大手で、国内シェアのおよそ3割を占める。しょうゆのほかにも、アルコールや調味料、トマト加工品メーカー「デルモンテ」製品も取り扱っています。株主優待はキッコーマングループの製品詰め合わせ。1000株以上保有で、一律2500円相当がもらえます。

 購入金額の目安は300万円以上、権利確定は3月末。


 ネット証券各社が提供する便利な情報・分析ツールを使うと、各銘柄の優待内容や最新株価を簡単に調べられるので、銘柄検索の際に上手く活用したいところ。口座開設は各社無料なので、複数のネット証券で使い勝手を比較・検討してみよう。

>>取扱商品量が多いネット証券をチェック!
『顧客満足度の高いネット証券ランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。