人気ブロガー・rika、今年の優待総まとめ! 必ず役立つ「リアル銘柄評価」

サンリオの優待券など(画像はイメージ、変更の場合あり) [拡大する]

サンリオの優待券など(画像はイメージ、変更の場合あり)

 今年もあっという間に残りわずか。優待新設をした企業は100社を超え、上場企業1200社以上が優待を実施しています。この数字は過去最高で、まさに“優待バブル”といえるでしょう。

 そこで、500社以上の優待を取得する“人気優待ブロガー”のrika氏に、今年1年を振り返ってもらい、独自の切り口で“優待総まとめ”として、目立ったトピックを3回にわけて熱く綴ってもらいます。

 500社以上の優待を持っているからこそわかる「リアルな意見」は、必ずあなたの優待選びにプラスになるはずです。

■優待取得に燃えに燃えた1年!

 今年は本当に“優待バブル”を象徴するような1年でした。2月を振り返っても、優待のIRが多数登場。特に6日は9社が優待についての発表で、そのうちの6社はクオカードの優待新設のニュースで驚かされました。

 わたしも優待取得に燃えに燃えた1年でしたが、今年は家を新築したこともあり、優待取得数は若干減りました。それでも、相当数の優待をもらうことができ、「今年も優待ありがとう♪」の1年となりました。それでは“優待総まとめ”を始めてみたいと思います。


▼うれしかった優待品

 権利後にサプライズがあったのが、創立55周年記念で特別優待のキティちゃんのぬいぐるみプレゼントされたサンリオ(東証1部/8136)です。6月の総会時に辻信太郎社長が「ぬいぐるみプレゼントします」と会場でおっしゃって驚きました!

 それと、60周年記念でいつもより2枚多く優待券が入っていた中日本興業(名証2部/9643)にも驚かされました。発表などは特別なく、到着した優待を見ると、2枚追加となっていてビックリ。来年には新しい映画館がオープンしますし、来年も期待している企業の一つです。

 そして、今年1番のうれしかった優待は、1月権利銘柄でもあるTYO(東証1部/4358)の抽選優待に当選したことです。この特別優待は、TYOオリジナルミュージックビデオ『株主様!あなたがアーティスト』の制作というもので、当選は3名でした。

 歌が大好きな息子へのプレゼントとして応募して、電話をいただいたときは、思わず手が震えてしまいました。来年、息子の結婚が決まっており、式でも使えるとあって、本当にうれしかったです。

 収録と撮影はプロが利用する東京のスタジオで、東海地方在住の私には多少遠くはありましたが、本当に貴重な体験をさせてもらい、良い記念になりました。歌は息子が歌って、婚約者と一緒にビデオを撮影しました。すでに映像は完成しているのですが、私が見られるのは来年の結婚式までお預け状態で、いつか感想を発表する予定です。

 ちなみに、来年度はさらにワクワクする優待内容が発表されており、オリジナルアニメーション『株主様!あなたがアニメの主人公!』の制作となっています。通常のクオカード優待は1000株からですが、こちらの優待は500株以上の株主が対象です。

 抽選での優待は数は少ないのですが、当選すると金額が大きいものが多く、ほかにはクロスプラス(東証2部/3320)やタキヒヨー(東証1部/9982)、シークス(東証1部/7613)などの海外旅行などがあります。


▼今年多かったクオカード優待

 今年は本当にクオカード優待がたくさん新設され、期限もなく使い勝手も良いので、たくさん取得しました。その中でもタマホーム(東証1部/1419)は、500円クオカード優待ですが、CMに起用されているSMAPの木村拓哉さんの絵柄でとても素敵でした。

 そのほか、イーグランド(東証2部/3294)は、女子サッカーチーム「日テレ・ベレーザ」の皆さん、今回は東京ヴェルディの高木大輔選手でした。また、レッグス(東証1部/4286)は、かわいいリラックマの絵柄、日産車体(東証1部/7222)や日産東京販売ホールディングス(東証1部/8291)は車の絵柄で素敵でした。※日産車体は平成28年度の優待廃止

 最小単元で一番大きい額面のクオカードをくれたのは、全国保障(東証1部/7164)で5000円のクオカードでした。


▼今年の特徴の一つ「長期優待」

 今年の大きな特徴の一つとして、長期保有条件を設置した企業が多かったことがあります。新設発表でも最初からあったり、また今年から長期条件をつけた企業など様々です。

 新設発表時から長期保有条件があったのが、タマホーム(東証1部/1419)、ダイコク電機(東証1部/6430)、ヒューマンウェブ(マザーズ/3224)、カナデン(東証1部/8081)、稲畑産業(東証1部/8098)など。

 また、長期保有することにより追加となった企業は、ヤマダ電機(東証1部/9831)、スクロール(東証1部/8005)、BS11(東証1部/9414)、ニトリホールディングス(東証1部/9843)、ブックオフコーポレーション(東証1部/3313)。これらは私も長期で保有して追加を楽しみにしています。

 逆に、株価が高くなり、長期保有を手放してしまった企業もあります。東洋水産(東証1部/2875)、理研ビタミン(東証1部/4526)、レシップホールディングス(東証1部/7213)などは断念してしまいました。

 現在、私が実際に長期保有でしている銘柄の一部が下記になります。
・ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(JASDAQ/2769)
・イーブックイニシアティブジャパン(東証1部/3658)
・ハウス食品グループ本社(東証1部/2810)
・ポーラ・オルビスホールディングス(東証1部/4927)
・ぴあ(東証1部/4337)
・ビックカメラ(東証1部/3048)

 また、今年対象になった銘柄で保有しているは下記の4つ。
・プロトコーポレーション(JASDAQ/4298)
・NSD(東証1部/9759)
・キユーピー(東証1部/2809)
・ユーシン(東証1部/6985)

 そして、現在対象になるのを目指して保有しているのもいくつかあり、下記の2つなどがあります。
・日本管財(東証1部/9728)
・川西工業(東証1部/7256)

 私の場合、長期でもっている銘柄は、株価が下がっているものが多く、つらいことも多いです。長期縛りがある銘柄が増え、売るに売れず、持ち株は今年本当に増えています。

 また、最近少しずつ増えているのが、長期保有してから優待がもらえることになるパターン。以前もご紹介しましたが、下記がその一部です。

・極楽湯(JASDAQ/2340) 1年保有で入浴券
・GMOクラウド(東証1部/3788) 半年以上でキャッシュバック
・フロイント産業(JASDAQ/6312) 1年以上で1000円クオカード
・ユニオンツール(東証1部/6278) 半年以上でお米など

 つい最近では、AGS(東証1部/3648)、三洋堂ホールディングス(JASDAQ/3058)、ミサワ(東証1部/3169)、ファースト住建(東証1部/8917)なども来年から保有した後での贈呈になる発表がありましたので、知っておくといいでしょう。

<記事/rika>
東海地方在住の40代主婦。2002年から優待投資にハマり、飲食から生活用品、遊びまで、優待を活用した生活をブログ『毎日優待三昧 rika』(http://d.hatena.ne.jp/yuutaizanmai/)で紹介中。株主総会やIRも積極的に参加。現在は500社以上の優待を取得。

>> ■“優待”始める前にチェック! 総合ネット証券満足度ランキング

>> 優待ならこの人!? 桐谷氏、自転車生活のきっかけ明かす「20年前に…」


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。