定期預金のように手堅く運用! 「債券」

 まだまだある、ネット証券でできる資産運用の方法。保証金の何倍もの外貨を売買し、小額から大きなリターンを狙うこともできる「FX(外国為替証拠金取引)」(詳しくはこちら)も話題になることが多いが、長期にわたって手堅く運用したい人は「債券」を購入するという選択肢もある。

 こちらもネット証券で、株式と同じように簡単に売買することができる。まずは投資の初心者に向けて、その概要を説明しておこう。
【中長期で運用するならここ!】ネット証券ランキング>>

「債券」とは

 債券とは、国や地方の公共団体、一般企業や金融機関などが、投資家から資金を借入れるために発行する証券のこと。

 それぞれの債券には「償還期日」(投資の期間を満了し、払い戻される期限)が設定されており、基本的には元本が戻ってくるうえ、初めに約束した利率をもとに利子(クーポン)が支払われる。元本が保証されているという意味では定期預金に近いイメージで、比較的、低リスクな金融商品だと考えられる。債券によっては、一定期間ごとに利子が払われ、満期に全額が返ってくる「利付債」、利子は払われないものの、割安で購入できて、満期に本来の額面通りの金額が支払われる「割引債」などバリエーションがあり、自分にあった投資スタイルを選ぶことができる。

 また、債券は満期を前に、途中で売却することもできるが、需要と供給のバランスで常に価格は動いているため、元本より安く売ることになる可能性もある。基本的には、満期まで待つのがベターだ。

  • 画像/債券イメージ

 ひとつ例を挙げると、誰もが聴き馴染みのあるものとして「国債(国庫債券)」がある。国民の税金だけで賄えない財政をカバーするために国が発行しているもので、信頼性が高いのが特徴的。もちろん、利率は高いに越したことはないが、発行元の「資金を支えてあげる」ことになるため、国や地域、企業などの活動に貢献することも視野に入れて、商品を選んでもいいかもしれない。

「債券」にはどんなものがある?

 ひとことに債券といっても、上記の「国債」をはじめ、その発行元はさまざま。ここでは代表的なものを見ていこう。
主な債券の種類
 「ただ銀行に預けておくよりもお得」という感覚で、高金利であることにそれほどこだわらないのであれば、国や自分が住んでいる地域、あるいは特定の企業を応援するつもりで、債券を購入するのもいいかもしれない。取扱商品は証券会社によりさまざまなので、公式ホームページをチェックしてみよう。

手堅い債券にも、リスクはある!

 上記のとおり、債券は基本的に元本が保証されているものの、例えば発行元の企業が倒産したり、国の財政が悪化して利子や元本を支払うことができなくなったりするなど、「債務不履行(デフォルト)」に陥る可能性もゼロではない

 そこでチェックしたいのが、いわゆる「格付け」というもの。「○○社の格付けがAAAに引き上げられた」などのニュースを目にしたことがある人は多いのでは? 「ムーディーズ」や「スタンダード・アンド・プアーズ」など、第三者機関である格付会社が国や企業の財務状況を評価し、その信用度をランク付けしたもので、債務不履行のリスクを判断するひとつの基準になる。外国債や社債の購入を検討するなら、ぜひチェックしておこう。
●ご利用の際のご注意事項(必ずお読みください)(外部リンク)