投資が有利になる新制度「NISA」とは?

 投資の上級者も初心者も必ず知っておきたいのが、2014年1月1日からスタートする「NISA(ニーサ=少額投資非課税制度)」。うまく利用すれば投資がグッと有利になる新制度なので、その内容をしっかり押さえておこう。

年間100万円の投資が非課税になる「NISA」

 NISAとは、簡潔にいうと「株式や投資信託などの売却益や配当金を、年間100万円まで非課税とする」という制度。イギリスで普及している「ISA」(Individual Savings Account /個人貯蓄口座)の日本版ということで、日本のイニシャル「N」をつけて「NISA」といわれている。

 NISAを利用するには、各ネット証券会社で専用の口座を開く必要がある。「利益が出ても税金がかからないなら」と、NISAの導入をきっかけに投資を始めたいという初心者は、まずは取引手数料の安いネット証券で口座を開き、取引に慣れておくとよさそうだ(「口座開設方法」の特集はこちら)。

※2013年現在、株式や公募投信の売却益、配当金にかかる税率は、0.147%の復興特別所得税をあわせて「10.147%」。軽減税率が廃止される2014年からは、復興特別所得税0.315%をあわせて「20.315%」と2倍以上になる。


◆NISAを始める前に!「ネット証券顧客満足度ランキング」

NISAをうまく利用するポイントは?

 NISAを利用できるのは、日本在住で満20歳以上の人。非課税となる期間は5年間で、現状では非課税口座作成の期限とされている2023年まで、非課税枠は毎年100万円ずつ追加されていくため、1年100万円×5年分=最大500万円までの投資で得られた利益が、無制限に非課税となる。極端な話、投資額の10倍、5000万円の利益が出ても、税金がかからないということだ。

NISAの概要

制度対象者

20歳以上の日本国内居住者

非課税対象

上場株式など、公募投資信託の配当や譲渡益

非課税投資枠

新規投資額で年間100万円が上限(最大500万円)

非課税期間

最長5年間
※期間終了後、新たな非課税枠への移行による継続保有が可能

投資可能期間

2014年(平成26年)〜2023年(平成35年)(10年間)

口座開設数

1人につき1口座

(出典:政府広報オンライン)

【Point1:非課税になるのは、あくまで「年間100万円以内の投資で得られた利益」】
例えば80万円の株式投資をして、値上がり益でNISAの口座にある残高が100万円を超えたとしても、「非課税の枠はまだ20万円残っている」ということ。逆に、毎年100万円分ずつ非課税枠が追加されるからといって「今年は80万円しか投資しなかったから、来年は120万円」というように、繰り越すことはできない

【Point2:「株式や投信を売却しても、その分は非課税枠に戻らない」】
1日に10万円分の株式を買って、その日に売って……ということを10日繰り返せば、100万円分の投資をしたことになる。手元に残っているお金を問わず、1年分の非課税枠を使い切ってしまうということだ。5年間という非課税期間も考えて、NISAは長期でじっくり運用できる株式や投信に投資することに向いた制度だといえそうだ。

NISAは、まだこれからの制度

 2014年からスタートするNISA。投資家の運用状況を見て、金融庁が制度を改善していく可能性も考えられるため、利用する際には新しい情報をしっかりチェックしたい。

 すでに証券会社に口座を持っている人は、慣れ親しんだところでNISAの口座を開くのも一案。しかし、現状では、原則的にNISAを利用できるのはひとり1口座で、最初の4年間はひとつの金融機関に統一することになっている。「ネット証券の選び方」を参考に、長期投資に向くNISAに合った商品のラインナップや各種手数料などを考えて、自分に合った証券会社を選びたいところだ。

 ほかにもNISAの口座開設者を対象に、多くのネット証券会社がお得なキャンペーンを実施していくことも予想できるので、注目してみよう。


※今回の特集内で紹介している情報やデータは2013年9月現在のものです。変更される場合もありますので、ご注意ください。
●ご利用の際のご注意事項(必ずお読みください)(外部リンク)