必要な知識だけを徹底解説! 初心者のための「株主優待」基礎講座

 普段、株式投資になじみのない人の耳にも届くようになった「株主優待」という言葉。最近では現金を使わずに「株主優待」だけで生活をする“桐谷さん”こと桐谷広人氏の暮らしぶりがテレビで頻繁に紹介され話題を集めるなど、これまで投資に無縁だった人も株主優待に関心を寄せ始めている。

 そこで今回は、株主優待の仕組みやメリット、どんなリスクに注意すべきかなど、知っておくべき基本をまとめて紹介。「投資のことはよくわからない」という初心者でも、「優待」の魅力と優待を受け取るまでの流れがわかるので、ぜひ用語やポイントをおさえてほしい。

「株主優待」ってそもそも何?

 株主優待」とは、企業が出資の“お礼”として、個人の投資家(その企業の株を持っている人)に、特典や商品・サービスを与えること。すべての企業が行っているわけではなく、自社の方針などに合わせて実施している。もし、「株主優待」を目的に投資を始めるのであれば、株主優待付きの企業(銘柄)が対象となる。

 「優待」の内容は、株の保有数(投資金額)に応じて異なり、株を多く持っていればいるほど、内容も充実してくるケースが多い。また、保有数に関係なく、一律で同じ優待品を提供する企業もあるほか、保有期間に応じて優待品がグレードアップするケースもあるので、銘柄ごとに条件や内容を比較して、よりお得だと感じるものを選ぶことが求められる。

「優待」ってどんなものがもらえるの?

 現在、「株主優待」サービスを行っている企業は約1100社以上。一定期間、長期で保有してくれる投資家が増えれば安定した経営にもつながるなど、実施する企業側にもメリットがあることから、株主優待制度を新たに導入する企業数は着実に増えている

 各社が提供するサービスは様々で、飲食店や小売店であれば、各店舗で利用できる買い物優待券や無料券、メーカーなら自社製品、また最近はどこでも使えるクオカードなどの商品券、カタログギフトなども増えてきている。株主だけが購入できるオリジナル製品や、株主だけが参加できるイベント招待券など、通常ルートでは手に入らない優待品がもらえる企業もあり、これらを目的に投資を始める人もいるのだ。

<株主優待付き銘柄の例>

企業名

主な優待品の一例

ビックカメラ

100株以上保有の場合/年2回、買い物優待券2000円、1000円など

吉野家ホールディングス

100株以上保有の場合/年2回、飲食券300円×10枚など

アサヒグループホールディングス

100株以上保有の場合/1000円相当のグループ商品詰め合わせなど

ハーバー研究所

100株以上保有の場合/年2回、化粧品、健康食品などの自社通販にも利用できる株主優待券9000円(税込)

サマンサタバサジャパンリミテッド

100株以上保有の場合/年2回、自社グループ取り扱いブランド商品の優待特別価格販売会への招待

コロワイド

500株以上保有の場合/年4回、優待食事ポイント1万円相当を付与(ポイントは、カニ・黒毛和牛などの優待専用通販にも利用可)

ミサワホーム

100株以上保有の場合/クオカード1000円分、リフォームの工事代金3%割引(100万円以上の工事に限る)など

※最新情報は各企業の公式サイトでご確認ください(2015年3月現在)

優待品はいつもらえるの?

 優待品を受け取るためには、「権利確定日」と呼ばれる日までに株主名簿に名前が記載されていることが条件。この権利確定日の回数は、年1回、年2回、年3回、随時など企業によって異なる。年2回の場合、【1月と7月】や【4月と10月】など半月ごとに設定されている場合が多い。日本では3月決算の企業が多く、3月末に権利確定日迎える銘柄が年間最多の650銘柄にもなる(2015年3月現在)。

 優待品が手元に届くのは、企業の対応によって異なる。例えば権利確定日が3月末で、クオカードがもらえる優待の場合、権利確定日から2〜3カ月ほどで届くかもしれないが、新米がもらえる場合は秋の収穫時期に届く。複数の銘柄を保有している投資家の中には、銘柄選びの際に、同じ優待品が同時期に届かないように考慮している人もいる。

「株主優待」は最高で3つの“リターン”が狙える!

株式投資は、安く買った株を高く売って利益を得る“リターン狙い”と、株主に企業が支払う“配当金狙い”の2つが一般的な戦略方法。配当金とは、株主に企業が利益を還元する、金利のようなもので、株価に対して2〜3%の値を付けることもある。一般銀行の金利が安いことなどを考えると、高い配当金は大きな魅力だ。

さらに、「株主優待付き銘柄」の場合、これらにプラスして、企業から優待品がもらえる。つまり、配当金・値上がり益・優待の3つのリターンが期待できることになる(ただし優待付き銘柄の中には、配当金が支払われない「無配」銘柄と呼ばれるものもある)。

 もし、優待をメインに始めるのであれば、日々の株価の動きにとらわれず、優待品が届くのを待つだけでも良い。こういった部分から「株主優待付き銘柄」は投資初心者でも始めやすいと言われている。

さらに昨今では、投資金額の小口化が進んだこともあり、投資金10万円以下で始められる魅力的な銘柄も増えている。少額で購入できる銘柄を複数保有すれば、投資の基本である「分散投資」にもなるし、優待品も複数もらえることになるのだ。

 「投資」と聞くと、失敗・大損といったイメージもあるだろうが、「株主優待」は少額投資で始められる上に、企業から特典などがもらえるメリットがある。リスクがゼロでは決してないが、優待が届く楽しみなど、ちょっとした娯楽性も含んでいるのだ。新たな“財テク”の一つとして、ぜひ始めてはいかがだろうか。
●ご利用の際のご注意事項(必ずお読みください)(外部リンク)