見極めたいのは売り買いの『タイミング』

 FXビギナーが最も知っておきたいのは“売りと買いのタイミング”。24時間取引ができるFXだからこそ、しっかりと見極めておきたいもの。「極端な円高or円安時は、絶好のタイミングか?」などを理解して、好不況に左右されず、チャンスを逃さないトレーダーを目指そう!

極端な円高or円安時は、FX取引を始める絶好のタイミング!?

FX取引を始める上で、おさえておきたいのがその「タイミング」。特に円高/円安という為替レートの動きには注目したいところだ。

 2013年1月現在は、1ドル80円台を推移する円高傾向が続いている。円高=円の価値が高いということは、つまり「少ない日本円で外貨を買うことができる」ということ。08年は1ドル100円台で推移し、07年には一時、1ドル120円台も記録していたことを考えると、80円台はかなり進んだ円高状態であり、中長期的に見れば円安に向かっていくことが予想される。

 今後、円安になる=相対的に外貨の価値が上がっていくのであれば、円高状態のいまが外貨投資を行うチャンスということ。もちろん「必ず円安が進行する」と決め込んで、無理な投資をしてしまうことには注意が必要だが、ビギナーが試しにFX取引をスタートさせるには好ましいタイミングといえそうだ。

 それでは、円安になってしまったら、もう円をベースにしたFX取引はしない方がいいの?というと、実はそうではない。FX取引においては、株式取引でも行われている空売りをすることができる。空売りとは、簡単に言うと「所有していない通貨をFX会社に借りて売り、価値が下がったところで買い戻して返すこと」で、その差額が利益になるという仕組み。つまり、外貨の価値が高いとき=円安時に空売りすることで、今度は円高になったときに利益を出すことができるのだ。

好不況に左右されず、いつでもチャンスがあるFX取引

 外貨預金で為替差益を狙うなら、円の価値が高い状態=円高からスタートするのが鉄則だが、FX取引は円安からでも利益を出すことができる。

 好不況を問わず、また為替レートが円安・円高のどちらに振れていてもチャンスがあり、「底値だと思って株式を買った会社が倒産……」なんていうリスクもないFX取引。最初から大きく「レバレッジ」をかけて勝負!など、知識のない段階で無理をしなければ、投資ビギナーにもやさしい取引だといえる。

 まずは為替レートの動きをしっかりチェックし、タイミングを見計らってFX取引をスタートさせてみよう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について