FXビギナー必見「確定申告」基礎編

 現在、税務署では確定申告を受け付け中。FXによって利益を得たら、必ず確定申告を行い、税金を納める必要があります! 知らないままでは脱税や申告漏れに…。でも、いったい確定申告って何から準備をすればいいの? そんなFXビギナーに教える「確定申告」基礎編。

FXでも必要な「確定申告」って?

 「確定申告」とは、その年の1月1日から12月31日までに得た所得を税務署に申告し、所得税の納税額を確定する手続きのこと。会社などの事業所から支払われる給与所得については、基本的に年末調整で税額が算出されるが、


個人事業主(自営業、フリーランスなど)である
年収が2000万円を超える
年末調整される給与以外に20万円以上の副収入がある


 などのケースでは確定申告が必要となり、FXで得た収入も「雑所得」として申告しなければならないので、注意しよう。

気になる税率は……?

 個人が得たFXでの収入は、他の所得金額と合計せず、個別に税額を計算する「申告分離課税」となる。気になる税率はというと、基本的に、

一律20%(所得税15%+住民税5%)

 となるが、2013年1月1日から2037年12月31日までは、東日本大震災を受けた「復興財源確保法」の施行により、所得税額に2.1%を乗じた復興特別所得税が課されるため、

一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)

 となるので、覚えておきたい。

 ちなみに、2012年に税制が改正されるまで、店頭でのFX取引には「申告分離課税」ではなく「総合課税」が適用されていたため、給与所得との合算で1800万円を超えると50%の税が課せられていた。現在は、いくら利益を上げても税率は一律。損益に応じて計算や税への対策を考える必要がなく、FX取引がしやすくなっている。

損失が出てしまった場合は、3年間の繰り越しが可能!

FXで損失が出てしまった場合には、3年間の繰り越しが可能なので、単年で大きな利益が出た際にも、過去の損失を合算して、税の控除を受けることができる。

 注意点としては、この「繰越控除」を利用するためには、取引の有無にかかわらず、毎年確定申告をしておく必要があること。その上で、確定申告の際に専用の申告書を提出することになるので、きちんと覚えておこう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について