ドリームジャンボ、1等1億円は135本! 発生本数最多は「東京都」

西銀座チャンスセンターで宝くじを買い求める行列。(C)ORICON NewS inc. [拡大する]

西銀座チャンスセンターで宝くじを買い求める行列。(C)ORICON NewS inc.

 今年5月から6月にかけて発売された「ドリームジャンボ宝くじ」の抽選が6月20日に行われ、その集計の結果、1等1億円は全国で135本発生していたことが分かった。各都道府県のなかで、最も発生本数が高かったのは【東京都】の23本。購入者数、また売り場の数などの差もあるが、2位以下を大きく引き離してダントツとなった。

 2位は13本の【愛知県】、次いで1本差の11本で【大阪府】が3位に続いた。関東地方では神奈川県9本、埼玉県6本、千葉県2本と人口密度に比例してか、多めの発生本数となっている。このほか、兵庫県で7本、京都、和歌山で3本ずつ1等が発生しており、関西地方も多くの発生本数をマーク。

 一方、今回のドリームジャンボで発生本数が低かった地域は九州。福岡県が4本と高めの発生本数だが、長崎県が2本、熊本県も1本のみ。佐賀県、大分県、宮崎県、鹿児島県は0本だった。

 いつどこで買ったものが当たるのかわからないのが宝くじ。1等1億円を夢みて、夏休みの旅行中に宝くじを買ってみるのもいいかも?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。