『住宅ローン』選択時の重視点、世代間の違い鮮明に

『2014年度 オリコン顧客満足度ランキング 住宅ローン部門』 [拡大する]

『2014年度 オリコン顧客満足度ランキング 住宅ローン部門』

 オリコンが発表した『2014 オリコン顧客満足度ランキング 住宅ローン部門』において、ユーザーが「住宅ローンを選ぶ際に重視した項目」(複数回答)の理由で、世代間の違いが鮮明になった。20代の重視点は「会社の信用性」、「商品の分かりやすさ」で、50代、60代以上の重視点は、「融資担当者の対応」、「審査期間のスピード」などとなった。

 20代で重視する傾向の高かった「会社の信用性」、「商品の分かりやすさ」はそれぞれ37.8%、20.4%。30代以上の平均が32.1%、11.6%で、それぞれ5.7%、8.8%も20代が高い。これは、住宅ローンに対し20代は今まで接触機会が少なかったと考えられ、「ローン担当者の方がわかりやすく説明してくれたのでよかった」(20代/女性)、「金利の説明など詳しく教えてくれたので良かったです!」(20代/女性)、「有名な銀行のため信用できる」(20代/男性)、「地元では大手の銀行なので」(20代/女性)などのコメントにも表れている。

 一方、50代、60代以上が重視するのは「融資担当者の対応」、「審査期間のスピード」、「申込時の利便性」。「融資担当者の対応」、「審査期間のスピード」には、「ローンを組んだ時点で年齢も高かったのが心配であったが、迅速に審査いただけた」(50代/男性)、「審査スピードが早かったので、借入れ計画が順調に進んだ」(50代/男性)、「フラット35が60代後半で借り入れ可能との担当者の反応が早かったこと、それに基づき早めの資金計画を立てられたこと、審査スピードも説明通りで正確であったことなど、満足が行く対応であった」(60代/男性)などの声が挙がり、計画どおりに行くためには“審査スピード”が重要項目のようだ。

 『2014 オリコン顧客満足度ランキング 住宅ローン部門』の総合1位は【ソニー銀行】で、2011年から4年連続の1位。2位は、昨年7位から大きく順位を上げた【三菱UFJ信託銀行】。【三菱UFJ信託銀行】は、「総合」を含め、「金利の満足度」、「手数料の満足度」、「担当者の対応」、「商品のわかりやすさ・豊富さ・充実度」など、7項目すべてでポイントアップ。同行担当者は、「お客様の満足度は、一朝一夕にして向上するものではなく、日々の小さな努力を積み重ねた結果が次第に評価されていくというものだと考えます。これからも、小さな努力の積み重ねを大切に、お客様に評価される銀行を目指していきたいと思います」とコメントしている。

【調査概要】
◆調査期間:2014/03/31〜2014/04/11  ◆回答者数:9,466サンプル
◆調査対象者  性別:男女、年齢:20歳以上、地域:全国
条件:過去3年以内に住宅ローンを利用開始、もしくは借り換えを行い、かつ住宅ローンを選定する際に選定に関わった人


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。