【住宅ローン】超低金利の今こそ借り換え! オススメは「フラット35」

超低金利のタイミングで住宅ローンの“借り換え”をするメリットとは? [拡大する]

超低金利のタイミングで住宅ローンの“借り換え”をするメリットとは?

 今年1月末に日銀が発表した「マイナス金利」。これをきっかけに、金利の引き下げを行う銀行が相次いでいる。特に、住宅ローンは過去最低水準を更新。この機会に申し込みや借り換えを検討する人も多いだろう。そこで今回は、このタイミングで住宅ローンの借り換えを行うことのメリットとオススメのローンについて紹介していく。

■借り換えのメリット

 住宅ローンの返済は長期にわたる。「できるだけ早く完済したい」というのが借り手共通の願いだろう。住宅ローンを早く完済する方法としては、主に「借り換え」と「繰り上げ返済」の2種類がある。今なら、マイナス金利の影響で、「フラット35」の金利が過去最低の1.25%となっているので、これを機に借り換えを検討してみてはどうだろうか。

■フラット35とは?

 フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携する全期間固定金利住宅ローンのこと。金利が固定化されているため、借り入れ時に借入金利や総返済額が決まるので、長期的なマネープランを立てることができる。

 口コミなどで定評のある金融機関は、住信SBIネット銀行、ARUHI、楽天銀行、日本住宅ローンMCJ フラット35、財形住宅金融 財住金フラット35など。なかでも注目は楽天銀行だ。楽天銀行のフラット35は、金利水準に定評があり、融資手数料も最低水準に設定されている。また、住宅ローンの借り入れを行うとATM手数料が月5回まで無料になり、楽天スーパーポイントが通常の3倍貯まるVIP会員に最大2年間登録することもできる。

 フラット35を扱っている会社は複数あるので、あらかじめ内容や特典、金利などをしっかり確認して、納得のいく金融機関に申し込むといいだろう。

文/ロックスター 西田 

>> 契約前にチェック! “金利”の満足度で選ばれた【住宅ローン】1位は…

>> 【住宅ローン】専門家が「繰上返済を勧めない」本当のワケ


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。