住宅ローンでなぜ「ARUHI」が選ばれる? 独自の特長とサービスがカギ!

【フラット35】5年連続シェアNo.1の「ARUHI」

 現在、歴史的低水準の金利を推移している全期間固定金利住宅ローン【フラット35】。物件価格の10割まで借り入れができ、住宅購入者や借り換え希望者の「選択肢」になっている。その【フラット35】を提供し、5年連続シェアNo.1を記録しているのが「ARUHI」だ。

■住宅ローンで「ARUHI」が選ばれる理由

 住宅購入は誰にとっても大きな買い物であり、利用者は信頼できるところで選びたいもの。住宅ローン専門の金融機関でもある同社が選ばれ続ける最大の理由は、これまで約11万人に【フラット35】を“最低水準金利”で提供してきた実績にあるといえるだろう。2015年3月末時点で日本全国に168の店舗を誇っている。

 さらに、同社は単なる金融機関ではなく、「住生活プロデュース企業」としての一面も兼ね備え、今年5月1日にSBIモーゲージから社名を変更した。「ARUHI」はギリシャ語で「始まり」を意味しており、「誰かが住宅を持ち、新しい人生を『ある日』から“始める”ときに、上質な日々のサポートをしていきたい」という思いを込めている。

≫≫ 【フラット35】を“最低水準金利”で提供 現在の「金利」はこちら! ≪≪(外部リンク)

■「住生活プロデュース」はどんなサービス?

  • 【画像】ARUHI

    ニッセンとも提携し、家具、キッチン用品などのサービス・商品を優待価格で提供

 同社が新たに進める「住生活プロデュース」の第一弾として、ARUHIで借り入れされている方のみを対象とした『ARUHIメンバーズクラブ』がある。

 住宅購入後の暮らしが安心で楽しいものになることを目的に、家電、家具、寝具、キッチン用品、インテリア、水宅配などのサービス・商品を優待価格で提供する。会員費などは無料。

≫≫ 『ARUHIメンバーズクラブ』はメリット盛り沢山! ≪≪(外部リンク)

▼人気ブランドが優待価格で購入できる

  • 【画像】アクタス

    ARUHIは「住生活プロデュース企業」として人気家具ブランドとも提携。写真はアクタス六甲店

 家を購入すると、様々な買い物が必要になる。照明やカーテンをはじめ、家具や家電も必要だ。新しい家に合わせて、インテリアを決めていくのは楽しいことだが、住宅購入によって、手持ち資金が寂しくなるのも事実だ。欲しかった家具を諦めて、グレードを下げて節約したり、場合によっては購入を一旦我慢するといったこともあるだろう。そういった時に強い味方になるのが、このサービスだ。

 提携企業には、洗濯機や冷蔵庫など独自デザインで人気の家電ブランド「AQUA」、デザイン家電の先駆け「amadana」、人気家具ブランド「アクタス」、完成品家具を無料設置するニッセン「暮らしのデザイン」、ウォーターサーバーの「CLYTIA(クリティア)」など利用したい商品がズラリ。


▼家事代行や育児支援などのサービスも予定
 今後は、住宅購入時だけでなく、住宅ローン完済までの長期にわたったサービスの利用が可能になっていくようで、ガーデニングやセキュリティ、家事代行、育児支援、リフォーム、ヘルスケアサービスに至るまで、ライフスタイルを支援する“商品”を提供していく予定。また、「住生活プロデュース」として、家を買いたい人向けに、日本初の不動産情報Webサービス「ARUHI家探しサービス」も企画している。



 これまで住宅ローンでARUHIが選ばれてきた理由は、計画的に住宅ローンを返済していける【フラット35】を“最低水準金利”で提供し続けてきたこと、5年連続シェアNo.1の実績、全国168店舗の窓口を持つ安心感などが挙げられる。今後はこれに加えて、「住生活プロデュース」の側面からも、顧客にさまざまな独自サービスを提供し、長期に渡ったサポートを可能にしていく。

住宅購入時だけでなく、住宅ローン完済までの長期にわたったサービスを提供していく予定。「ARUHI住宅ローン」「ARUHIメンバーズクラブ」「ARUHI家探しサービス」など、住生活の幅広いプロデュースを目指す。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について