GM、フルサイズSUV『キャデラック エスカレード』5月発売

 GMジャパンは19日、“アメリカン・ラグジュアリー”をブランドコンセプトにしたフルサイズSUV『キャデラック エスカレード』を5月26日より全国で販売を開始すると発表した。同車の初代モデルは1999年に登場。2007年より発売されている現行のモデルは3世代目となる。同車は、今年からGMジャパンが正式に輸入・販売を開始。同様に上級モデルの『キャデラック エスカレード プラチナム』も販売する。価格は『エスカレード』は849万、『プラチナム』990万円。

 1902年に誕生した『キャデラック』は、伝統のある斬新なデザインで一世紀以上にわたり世界のプレミアムカーを牽引。その美しさと技術力により「レッド・ブラデッド・ラグジュアリー(=情熱的なラグジュアリー)」ブランドの地位を確立し、日本では『キャデラックCTSスポーツセダン』、『キャデラックCTSクーペ』、『キャデラックCTSスポーツワゴン』などを展開している。

 今回販売する両モデルには、可変バルブタイミング機構を備えたオールアルミ製6.2LV8エンジンおよび、走行時の状況に応じてV型4気筒、もしくはV型8気筒に切り替える『アクティブ・フューエル・マネジメントシステム』を搭載。走行状況に応じエンジンを切り替えることで、燃費の消費を抑えることができる。

 車両は、3列シートの7人乗り。上級モデルの『プラチナム』には手触りの良いテハマレザーシートを装備し、後部座席には映画やゲームが楽しめるオーバーヘッド リアシート エンターテインメント システムを搭載。冷たい飲み物と温かい飲み物の温度を保存できるヒート&クール カップホルダーも備え、車内での快適性を向上とラグジュアリー感を演出する。


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。