ベンツ、新型『Bクラス』発表 300万以下の価格設定

きょう25日に発売を開始したベンツ『Bクラス』(写真左から同社代表取締役社長ニコラス・スピークス氏、副社長・上野金太郎氏) (C)ORICON DD inc. [拡大する]

きょう25日に発売を開始したベンツ『Bクラス』(写真左から同社代表取締役社長ニコラス・スピークス氏、副社長・上野金太郎氏) (C)ORICON DD inc.

 メルセデス・ベンツ日本は25日、新型『Bクラス』発売にあわせ、都内で発表会を開催した。累計3万台の販売実績を誇る同車種は2006年より日本市場に投入されているが、フルモデルチェンジを行うのは初めて。レーダー型衝突警告システム「CPA」がコンパクトカーで初めて装備されているほか、車体価格は299万〜に設定。会見に出席したニコラス・スピークス社長は「“ベンツは縁遠い”と思っているお客様にも興味を持っていただけるはず」と自信を見せた。

 新型『Bクラス』には新開発された1.6リッター直列4気筒直噴ターボエンジンと7速デュアルクラッチトランスミッション(7G-DCT)を搭載。JC08モードで16.0km/Lと、従来のモデルに比べ約19%の燃費を向上をさせ、エコカー減税、グリーン税制優遇制度、エコカー補助金の対象車となった。

 また、スポーティーな印象の外観デザインは、ホイールアーチに膨らみをもたせたほか、従来車に比べて全高65mm低くしている点が特徴。ドライブや買い物、アウトドアなど若者層からファミリー層まで幅広いユーザーが楽しめるよう “Play!(遊ぼう!)”をコンセプトにし、カジュアルなCMやアウトレットモールでの大規模キャンペーンを展開。従来のベンツユーザーやファン以外にも同車の魅力を訴求する。

 車体価格は「B 180 BlueEFFICIENY」が299万円、「B 180 BlueEFFICIENY Sports」が348万円。ボディカラーは全9種類。


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。