トヨタが『東京おもちゃショー』に初出展 子ども用EVを出展

トヨタ自動車が『東京おもちゃショー2012』に出展した、子どもも運転できる電気自動車タイプのコンセプトカー『Camatte(カマッテ)』(写真は「そら」) [拡大する]

トヨタ自動車が『東京おもちゃショー2012』に出展した、子どもも運転できる電気自動車タイプのコンセプトカー『Camatte(カマッテ)』(写真は「そら」)

 トヨタ自動車は16・17日に一般公開される『東京おもちゃショー2012』(東京ビッグサイト)に、子どもも運転できる電気自動車(EV)タイプのコンセプトカー『Camatte(カマッテ)』を出展する。同社が同見本市に出展するのは初めて。“親子の共有体験”がテーマになっており、大人の乗車・運転も可能。また、シートとペダルの位置を子ども用に調整する機能も備えている。

 同車は長さ2.7メートル、幅1.3メートル、高さ1.2メートルで、身長120cm程度から運転できるようシート・ペダルの位置を設定した。座席は前列が1、後席2の三角配列シートを採用。親は右後席から補助しながら、子どもに運転を教えられる点もポイント。

 また、親子で車に興味がもてるようボディはシンプルな構造を採用。カスタマイズを通じて部品に触れ、車の構造や仕組みを理解することができるよう、カラーやデザインを簡単に着せ替えることがでるようにした。最高時速は約40キロメートルとなっており、同社はカート場などでの利用を見込んでいる。

タグ

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。