日産の『セレナS-HYBRID』、1ヶ月で受注1万2000台超

約1ヶ月で受注数1万2572となった『セレナS-HYBRID』 [拡大する]

約1ヶ月で受注数1万2572となった『セレナS-HYBRID』

 日産は3日、今年8月1日に発売を開始した『セレナS-HYBRID』の受注台数が、9月2日の時点で1万2572台だったと発表した。『セレナ』は同社の主力ブランド車種だが、S-HYBRIDはブランド総受注台数(1万3922台)の90%以上を占めた。なお、ブランド全体の月間販売目標は6300台と設定されており、S-HYBRIDだけで約2倍を売り上げたことになる。

 小型HVシステム・スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を搭載した同車は、リッター15.2km(JC08モード)と“クラストップの燃費”を実現した点が特徴。同社はそれに加え、「ECOモーターやサブバッテリーなどすべてのシステムをエンジンルームに収めたシンプルでコンパクトな」室内空間が、好調な立ち上がりにつながったとしている。

 また、自動車取得税と自動車重量税が、2.0Lクラスの8人乗りの3列シートのミニバンにおいて、クラス唯一の免税となっている点も影響していると考えられる。


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。