スバル、新型軽自動車『プレオ プラス』を21日より発売

富士重工業が21日より発売する、ガソリン車トップレベルの低燃費を誇る新型軽乗用車『プレオ プラス』。 [拡大する]

富士重工業が21日より発売する、ガソリン車トップレベルの低燃費を誇る新型軽乗用車『プレオ プラス』。

 富士重工業は、新型軽乗用車『プレオ プラス』を21日より発売すると発表した。ガソリン車トップレベルの1リットルあたり30.0キロ(JC08 モード燃費値)という低燃費を実現し、価格は79万5000円から121万7500円。

 同車は、ダイハツ工業よりOEM供給を受けた商品で、完全に車両が停止する前にエンジンを自動停止する「停車前アイドリングストップ」や、減速時の走行車両の運動エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーに回生する「エコ発電充電制御」などの機能を搭載し、全車エコカー減税(環境対応車普及促進税制)免税レベルに適合している。

 2WDはE、F、L、Gの4グレード、AWDがFA、LA、GAの3グレードが設定されている。


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。