マツダとフィアットが事業契約を締結〜『アルファロメオ』をマツダ本社工場で生産

 マツダとフィアット・グループ・オートモービルズは18日、昨年5月に発表されていた、協業に関しての事業契約を締結したと発表した。これに伴い、2015年よりフィアット傘下の『アルファロメオ』向けオープン2シータースポーツカーを、マツダの本社工場で生産する。

 新モデルはグローバル市場をターゲットとして、次期『マツダ ロードスター』のアーキテクチャをベースに開発される。また、マツダとフィアットは、独自のデザインでそれぞれのブランドが2シーターオープンカーを導入することになるが、それぞれの商品には独自のエンジンが搭載される。
 この契約締結により、マツダはオープン2シータースポーツカーの開発および生産効率の向上を目指す。また、フィアットはこれまでの伝統ある『アルファロメオ』に、最新技術を通じてモダンなテイストを吹き込んだ商品を提供できるようになり、すでに公表している2016年の目標達成に近づきたい意向だ。


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。