日産、世界初の100%電気式冷蔵冷凍システムトラックの実証運行を開始

常時リチウムイオンバッテリーシステムで冷蔵冷凍荷室を継続的に稼働させるトラックは、世界で初めて。 [拡大する]

常時リチウムイオンバッテリーシステムで冷蔵冷凍荷室を継続的に稼働させるトラックは、世界で初めて。

 日産は24日、今年1月から1年間『アトラスF24リチウムイオンバッテリー式冷蔵・冷凍車』の実証運行を、ヤマト運輸と実施すると発表した。同車は走行時や停車時、配送作業中のキーオフ時にかかわりなく、エンジンを一切使用せずに、常時リチウムイオンバッテリーシステムだけで冷蔵冷凍荷室を継続的に稼働させる、世界初のトラック。車両エンジンへの負荷がないため、燃費の改善が期待できる。また、冷蔵冷凍機の出力がエンジンの回転数に左右されないため、荷室の温度管理がしやすく、配送品の品質管理の向上にも寄与するとしている。

 日産の村上秀人執行役員は、「通常、冷蔵・冷凍車は配送作業などのためにキーオフしてエンジンをストップすると、冷蔵・冷凍機能も停止してしまいますが、このトラックはその機能をキープできるので、常に安定した温度管理が可能となります。騒音や排気ガスも気にならずCO2排出量の削減にも寄与し、燃料代の節約が期待できます。」と同車の環境性能について自信をみせた。

 同車両は、ヤマト運輸のニーズに合わせた仕様にカスタマイズしたうえで、モニター車として1台が貸与され、神奈川県川崎市内での業務でクール宅急便などの集配における実用性が確認される。同車の標準モデルは今年初夏より、日本での発売を予定している。


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。