トヨタ新型『クラウン』、発売1ヶ月で受注2万5000台

「Hybrid ロイヤルサルーンG」シルバーメタリック 
 [拡大する]

「Hybrid ロイヤルサルーンG」シルバーメタリック

 トヨタ自動車は30日、同社の新型『クラウン』の受注台数が、2012年12月25日の発売から13年1月29日までの約1ヶ月間でおよそ2万5000台になったと発表。内訳は「ロイヤル」シリーズが約1万900台、「アスリート」が約1万4100台で、月販目標の4000台を大きく上回った。

 同車の特長は、モチーフの王冠をイメージした迫力のあるフロントフェイス。同社によると、新開発のFR専用ハイブリッドシステムや、ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムといった安全性能も好評を博しているという。


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。