軽自動車、15万4166台販売で当該月過去最高

全軽自協が1月の軽自動車新車販売速報を発表した。 [拡大する]

全軽自協が1月の軽自動車新車販売速報を発表した。

 全国軽自動車協会連合会が1日、平成25年1月の軽自動車新車販売台数(新車新規検査台数、トレーラー等を除くナンバーベース)を発表した。全体で15万4166台、前年同月比1.0%増とし、2ヶ月ぶりのプラス。1月度としては過去最高を記録した。

 車種別でみると、乗用車は12万5521台で前年同月比5.0%増(16ヶ月連続増)。貨物車は、2万8645台・同13.4%減(6ヶ月連続減)となった。貨物車の内訳はボンネットバンが1661台で同14.9%減(8ヶ月連続減)、キャブオーバーバン1万2937台・同11.5%減(2ヶ月連続減)、そしてトラックは1万4047台で同14.9%減(6ヶ月連続減)だった。

 同連合会では、平成25年(暦年)の軽自動車新車販売予測台数を176万台とし、こちらは前年比11.1%減としている。

※台数は確定台数と異なる場合がある。


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。