【自動車保険ガイド】増税時、高齢ドライバーは要確認!保険料を抑える3つのコツ

過去に値上げ率を最も大きく設定された高齢ドライバー。知っておきたい保険料を抑えるコツとは? [拡大する]

過去に値上げ率を最も大きく設定された高齢ドライバー。知っておきたい保険料を抑えるコツとは?

 ついに17年ぶりとなる消費増税が実施された今、あらゆる課税商品の税率が引き上げられるなかで、消費者が見直すべき項目の1つに自動車保険料が挙げられる。損害保険契約は非課税商品だが、損保側の支出増は必須であり、各社が保険料を値上げする可能性はゼロではない。特に、事故の加害者となるケースの増加している高齢ドライバーは、過去に値上げ率を最も大きく設定されたこともあり、契約更新後の保険料の動向は気になるところ。そこで、高齢者が知っておきたい保険料を抑えるコツとは?

■コツ(1)走行距離を見直して割引率を上げる!

 契約時に申告する想定年間走行距離区分に応じて保険料を割引く「走行距離割引」は、現在、多くの保険会社が取り入れている。高齢になれば、長距離を走る機会も減り、申告している距離には及ばない可能性も。契約内容と1年間に走る距離を見直し、割引率の高い保険会社やプランへの乗り換えの検討がおすすめだ。

■コツ(2)子どもや孫の成長に合わせて年齢条件を設定

 家族間での車の使用を考慮して、年齢条件を設定している高齢ドライバーは、再確認を! 例えば、契約時に21歳だった子どもが26歳になっていれば、条件を「26歳未満不担保」に変更でき、そのぶん保険料の節約が可能。また、実際は自分しか運転していないなら、自分の年齢に合った条件に設定することでも、保険料は抑えられるだろう。

■コツ(3)軽い修理なら自腹で! 車両保険「免責金額の見直し」

 車両保険に加入している場合は、事故時に自身が負担する「免責金額」を見直すのも一つの手。事故が起こった際に、免責金額が設定されていれば、保険会社は支払金額を抑えられるというメリットがある。このため、保険料は割安となる。

 また、2012年4月より改定された等級制度の観点からも、見直しは必須。「事故有係数と無事故係数の登場」、「等級据え置き事故の廃止」により、事故を起こして保険を使ったドライバーの負担が大きくなることを考えると、軽い修理で済む場合は保険を使わずに自腹をきる前提で、プランを検討するという手段もある。免責金額を10万円などに設定し、保険料を安くしたほうが断然お得となるケースもあるからだ。

 多方面から嘆き節が聞こえてくる消費増税だが、あまり気にかけていなかった自動車保険のコストを見直すには“いいきっかけ”ともいえる。今一度、保険会社や補償内容、プランなどをじっくり再検討して、節約に役立ててはいかがだろうか。

>>実際に保険を適用した50代以上のドライバーが選ぶ
『顧客満足度の高い自動車保険ベスト10』


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積・比較はこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。