【自動車保険ガイド】保険料値上げ対策!契約時に気を付けたい3つの節約ポイント

増税に伴う保険料の値上げ…これを機に、自動車保険の契約見直しや乗り換え検討をしてみては? [拡大する]

増税に伴う保険料の値上げ…これを機に、自動車保険の契約見直しや乗り換え検討をしてみては?

 消費増税に伴い、損害保険各社が保険料の値上げを予定しているのは既報の通り。月々のランニングコストを抑えるために、節約を意識するドライバーも多いだろう。今回は、増税に頭を悩ますドライバーに向け、保険料を抑えるために契約時に気を付けたい3つのポイントを紹介する。

■ポイント(1)運転者限定特約を付帯して抑える

 ドライバーが多ければ多いほど、契約車の事故リスクは高まる。そこで、ほとんどの任意保険会社では、補償が適用される運転者を「契約者のみ」や「契約者とその配偶者」などに限定して、事故リスクを軽減することで保険料を安く設定する「運転者限定特約」を用意している。指定外のドライバーが事故を起こしても補償されない点には注意して付帯の検討を。

■ポイント(2)複数年契約を結んで保険料を下げる

 自動車保険は、1年で満期を迎える1年契約が中心。ところが、なかには2年や3年といった複数年契約を結ぶことで、保険料を下げられるタイプの保険もある。複数年契約では、一括払いと分割払いを選択でき、分割は一括に比べると割増で設定されている場合がほとんど。一度に支払わなければならない保険料額は大きいが、年数で割ると複数年契約の方が節約となる。

■ポイント(3)付加保険料を削減しているダイレクト系を選ぶ

 契約者が支払う保険料は、事故時に保険会社から支払われる保険金に充てられる「純保険料」と、保険会社の運営に必要なコストなどに充てられる「付加保険料」の2つに使われる。代理店コストなどのかからないダイレクト系自動車保険会社では、付加保険料を削減できることから一般に保険料が安い傾向にあることを覚えておこう。

 すでに自動車保険に加入しているドライバーも、増税や値上げに肩を落とすばかりではなく、これを機に乗り換えを試みるのも良いのではないだろうか。

>>実際に保険を使ったドライバーが選ぶ”自動車保険”
【ベスト10】保険料・金額への満足度ランキング


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。