【自動車保険ガイド】保険料の節約に直結!「車両保険」契約時のポイント

車両保険に加入する際は、車の価値も含めじっくり検討を! [拡大する]

車両保険に加入する際は、車の価値も含めじっくり検討を!

 衝突・接触といった事故などで車が損害を受けた場合に補償する車両保険。強制ではないが、予想できない自然災害などにも備え、やはり加入しておきたいもの。そこで、気になるのが保険料だが、車両保険は「補償範囲を選ぶ」、また「契約者の自己負担額(免責金額)の設定」で、保険料を抑えることができる。修理代などは自己負担でOKと、未加入の選択肢を選んだドライバーも、節約に直結する契約時のポイントがあることを知っておこう。

■「オールマイティタイプ」ではなく「エコノミータイプ」を選ぶ

 車両保険は、主に、補償範囲が広く保険料が高めの「オールマイティタイプ」と、範囲が狭く割安な「エコノミータイプ(車対車+A)」の2つに分かれる。両者の違いは“補償されるケース”だ。前者は、単独事故や、当て逃げされて相手の所在がわからない場合にも補償されるが、後者は上述のケースでは補償されない。保険料の節約を意識するなら、エコノミータイプを検討してみるのも良いだろう。

■多少の自己負担は割り切り、「免責金額」を設定する

 車両保険で設定できる「免責金額」とは「契約者の自己負担額」のこと。例えば「免責金額5万円」にすると、車の修理代が50万円かかった場合、5万円は契約者負担となり、残りの45万円が保険会社から支払われる。免責金額を大きくすればするほど、保険料を抑えられる仕組みだ。

 さらに、保険会社によっては、設定していても1回目の保険使用時は負担額を0円にできるという特約もあるため、免責金額を高めにして特約を付け、2回目以降の多少の自己負担は必要経費と割り切るというのも一手だ。

 ちなみに、車両保険の保険金額は車の市場価値と比例することから、毎年変化がある。保険金額が下がれば保険料もダウンするが、実際に修理が必要になった際に保険金で修理代を賄えないケースもあり得るため、加入する際は車の価値も含めじっくり検討しよう。

>>気になる””保険料”・・・利用者が選ぶ自動車保険ランキング!
保険料・金額への満足度が高い保険会社ベスト10


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。