【交通事故・損害賠償】加害側も被害側も…「自賠責」より役立つ「任意保険」

損害に対して支払い基準のある自賠責保険。任意保険に加入していないと、まかなえないケースも!? [拡大する]

損害に対して支払い基準のある自賠責保険。任意保険に加入していないと、まかなえないケースも!?

 交通事故を起こしてしまうと、被害者から損害賠償を請求されることがある。被害者が請求できるのは、事故と関連性のある「経済的な損害」と、慰謝料として支払う「精神的な損害」だ。その際、強制保険である自賠責保険で賠償金をまかなえると考えているドライバーは少なくないのかもしれないが、実は任意保険に加入していないと補償されないケースもある。

 自賠責保険では、法律に基づき、“支払い基準”があらかじめ定められている。たとえば、傷害による損害を例にとると、被害者1名につき支払い限度額は120万円、入院1日につき4100円、慰謝料は入院・通院問わず1日につき4200円。また、物的損害については補償範囲ではない。つまり、支払い限度額を超えた損害や、物的損害についてカバーするのは、任意保険となる。

 ちなみに、被害側に立った場合も、任意保険が役に立つ。人的な損害では、まずは加害者が加入している自賠責保険から支払われるが、この請求を担ってくれる任意保険会社も多いのだ。自賠責保険でまかなえない場合に適用され、被害に遭った際は手続きも任せられる任意保険。いざというときのために、自分に合った補償内容で契約しておこう。

>>気になる”保険金の支払い”・・・ドライバーの満足度が高いのは?
【自動車保険会社】支払いスピード・保険金額ランキング<ベスト10>


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。