【世界の自動車保険(2)】交通事故が社会問題となっている中国の自動車保険事情とは?

交通事故および死亡者数の多さが問題となっている中国。日本の自動車保険との違いとは? [拡大する]

交通事故および死亡者数の多さが問題となっている中国。日本の自動車保険との違いとは?

 世界で最も人口が多い中国。自動車マーケットも拡大の一途をたどっているが、その一方で交通事故および死亡者数の多さが問題となっている。そこで注目したいのが自動車保険制度だ。中国には、強制加入の「自動車交通事故責任強制保険(交強険)」と、任意加入の「自動車第三者責任保険」、車両保険に相当する「自動車車両損失保険」があり、一見すると日本と似た仕組みのようだが、深く調べていくと2つの違いが見えてきた。

■ドライバーではなく車に付保! 車を買い替えたら解約・新規契約が必要

 中国の任意保険においては、日本のノンフリート等級制度のような保険料の割増引制度が採用されている。ところが、中国では、保険はドライバー(被保険者)に付保されるのではなく、自動車に付保されるもの。そのため、日本とは違い、保険の契約以後に車を買い替えると、割増引率は引き継がれない。既契約の解約や、新規契約の手続きなどが必要になるのだ。

■保険金一括請求制度がない! 強制保険と任意保険は同一損保の契約が通例

 中国には、強制保険と任意保険の保険金一括請求制度がない。そのため、契約者は利便性を考え、強制保険と任意保険を同じ損保で契約するのが通例だ。一方、日本の保険金請求では、任意保険を契約している損保が自賠責保険の補償分も含めて支払うのが一般的。自賠責保険と任意保険を契約する損保が異なっても、不都合は生じない仕組みになっている。

 隣国とはいえ、文化から習慣まで異なる点の多い日本と中国。自動車保険も例外ではなく、柔軟な対応の可不可に違いがあることが明らかになった。

>>保険を適用したことのあるドライバーが選ぶベスト10!

自動車保険<プラン・種類への満足度>ランキング

自動車保険<保険金の支払いスピードへの満足度>ランキング


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。