“お別れ”の決定打に!? 異性とのドライブ時の“残念あるある”

万全の体制で臨みたい”異性とのドライブ” [拡大する]

万全の体制で臨みたい”異性とのドライブ”

 冬休みを目前に、ドライブの予定をたてて楽しみにしている人も多いのでは? ところが、先ごろオリコン顧客満足度調査編集部が実施した【異性とのドライブ】に関する調査には、残念なエピソードがずらり。「話題が思いつかなくて緊張した」(宮崎県/20代/女性)、「BGMが残念だった」(神奈川県/30代/女性)といった“定番あるある”が寄せられるなか、運転する機会の多い男性と、そうでない女性ならではの違いも垣間見えた。

■男性は「助手席での振る舞い」に厳しい!? 自身は気遣っているも、仇に……

 男性からは、「ずっと携帯電話を触っていて怒った」(神奈川県/20代/男性)、「足をダッシュボードの上にあげた」(栃木県/30代/男性)、「ドアのしめ方がうるさい」(東京都/30代/男性)など、女性の助手席での振る舞いに対する意見が集中。なかでも「隣で寝ていた」(栃木県/50代/男性)のように、睡眠に関するクレームが多かった。

 微笑ましかったのは、自身の気遣いが仇となったエピソード。寒い冬、暖房をつけようとしたら「フンを踏んでしまい、臭くなった」(東京都/50代/男性)、BGMを流そうとしたらカーステが壊れていて「ラジカセで流したら、変な目で見られた」(大阪府/40代/男性)と、どこか心が和む話も寄せられている。

■女性は「運転技術」と「マナー」に疑問を抱いた経験多数

 一方、女性は「運転が下手すぎる」(神奈川県/40代/女性)、「車庫入れで車止めに乗り上げた」(東京都/30代/女性)、「普段穏やかな人なのに、ブレーキがあらっぽくてびっくりした」(東京都/40代/女性)など、男性の運転技術そのものに幻滅したケースが多い。また、「ちょっとしたトラブルの対応に頼りない部分を見た」(北海道/50代/女性)と、少々シビアな意見も。

 マナー違反を挙げる女性も多く、「タバコの吸い殻を窓からポイ捨てしたのを見て幻滅した」(北海道/20代/女性)、「車の窓からなんでも捨ててしまう人で、あまりにも衝撃的だった」(東京都/40代/女性)と怒りの声。「車に乗ると気が短くなり、他の車に文句を言っていた」(東京都/20代/女性)、「お年寄りのノロノロ運転に怒鳴った彼とは別れました」(和歌山県/40代/女性)など、“車=自分の城”において、王様化した男性の言動にげんなりした人もいた。

 このほか、「とっても口臭がきつい人で密室だったので頭が痛くなりました」(山口県/40代/女性)、「香水が強すぎて気分が悪くなってしまった」(三重県/40代/女性)といった“ニオイ系”から、「前の女の写真があった」(埼玉県/30代/女性)、「車内でインシュリン注射が見つかり、糖尿病であることがわかった」(埼玉県/40代/男性)といった“発覚系”まで様々だ。

■楽しい時間も台無し……デート中の事故は意外と多い!

 最後に、男女に共通して挙がってきた残念話には事故も多数。「キーを閉め込んでJAFを呼んだ」(徳島県/40代/女性)と、インキー経験者は数知れず。また、彼女を送り届けた直後、「彼女の目の前で水溜りをよけたら電柱にぶつかっちゃいました」(東京都/40代/男性)と最後の最後で生じた気の緩みが、事故に直結したケース。他にも「シフトレバーが取れた」(埼玉県/50代/男性)という整備不良もあった。

 スピード違反で切符を切られ気まずい雰囲気になったカップルも多く、「シートベルトをしない、ルールが守れない、それでいてカッコつけたがる。警察に見つかって焦る。非常に残念でした」(東京都/30代/女性)という言葉通り、異性とのドライブは、万全の体制で臨みたいところだ。

【調査概要】
調査機関:オリコン・モニター・リサーチ
調査対象:10代〜50代の男女1000人
調査地域:全国
調査方法:オンライン調査
調査期間:2014年11月12日〜17日

>>万が一の事故に備えてチェックしておきたい!
3万2835人のドライバーが選ぶ【自動車保険】オリコン顧客満足度ランキング

>>調査機関 「オリコン・モニター・リサーチ


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。