年末年始の飲酒運転事故は全国で40件、前年比64.3%の大幅減

年末年始6日間の飲酒運転事故は40件。前年の112件から大幅減! [拡大する]

年末年始6日間の飲酒運転事故は40件。前年の112件から大幅減!

 警察庁交通局は5日、年末年始6日間(※)における交通事故の発生件数(速報値)を発表した。今年は6369件で前年同期比2.9%減、負傷者数は8171人で同3.8%減となった。なかでも、飲酒運転による事故は全国で40件発生。前年の112件から64.3%の大幅減となっている。

 一方で、死者数は65人に及び、同8.3%増。そのうち、高速道路上の事故では6人が死亡した。事故内容は以下の通り。

<事故内容1>
 12月30日午前6時32分頃、山口県の山陽自動車道上り線で、普通乗用車が別件事故により停止中の大型貨物車に衝突。普通乗用車の同乗者が死亡。

<事故内容2>
 12月30日午後5時4分頃、愛媛県の松山自動車道下り線で、普通貨物車が左側ガードレールに衝突。同乗者が死亡。

<事故内容3>
 12月30日午後5時17分頃、山梨県の中央自動車道上り線で、普通乗用車が本線を横断中の歩行者に衝突。歩行者が死亡。

<事故内容4>
 12月31日午後7時56分頃、群馬県の関越自動車道下り線で、軽四乗用車が左側法面に乗り上げ転覆。運転者が死亡。

<事故内容5>
 1月1日午前5時頃、福岡県の九州自動車道上り線で、軽四乗用車が別件事故により路上にいた歩行者に衝突。歩行者2名が死亡。

※2014年12月29日〜2015年1月3日

>>事故担当者の対応が良い自動車保険は?
3万2835人のドライバーが選ぶ オリコン自動車保険ランキング


■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。