【自動車保険】重要なのは「見積もり」 ポイント&注意点を解説

ネット経由の「ダイレクト型」と、対面で加入する「代理店型」。見積もり時の違いや注意点は? [拡大する]

ネット経由の「ダイレクト型」と、対面で加入する「代理店型」。見積もり時の違いや注意点は?

 これまで任意保険の「必要性」や「内容」をわかりやすく紹介してきたが(関連記事を参照)、中身がわかったところで重要なのが「見積もり」だ。契約する前には必ず見積もりをとって、補償内容や保険料を比較し、検討することが大事となる。ここではその流れをわかりやすく紹介。ダイレクト型と代理店型では、見積もりの「取り方」も異なるので違いを理解するといいだろう。

■見積もりの取り方

 まずは、代理店の見積もりの取り方。さまざまな代理店があるので、当然対応は異なるが、基本的には無料で見積もりがとれる。見積もりの際に必要なのは、「運転免許証」、「車検証」のコピー。そのほか、車両保険が必要であれば、購入時の「車両本体価格」も必要となる。

■ダイレクト型の「個別見積もり」と「一括見積もり」の違い

 ダイレクト型は見積りから契約手続きまでインターネットで行えるのが特徴。ネットからの契約が主となる「ダイレクト型」には、見積もりの方法として「個別見積もり」と「一括見積もり」がある。

【個別見積もり】
 イーデザイン損害保険などは、各社のWebサイト上で特約の有無など、細かな条件を設定して見積もりを行う。個人情報を細かく入力しなくても見積もりできる場合が多い。

【一括見積もり】
 一度の入力で複数の保険会社の見積もりをとることができる。一方で、個人情報を入力する必要がある。また、各社からの見積もり結果が届くまでに時間がかかることもある。

■見積もり時の注意点

 見積もりを比較・検討する際には、自分にとって必要な補償を事前に決めておくことが大切だ。そうでなければ、保険料の比較をすることはできない。例えば、車両保険にしても一般車両保険なのかエコノミー車両保険なのか、自分に合った条件を見つけておくことが重要。

 保険会社によっては、まれに外せない特約がついていることもあるが、そこは気にせず、自分にとってどのような補償が必要なのかを理解し、その上で比較するのがいいだろう。

■見積もりをとる前に・・・
【最新ランキング】”自動車保険会社”ドライバーの満足度をチェック!


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。